ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンゲル係数が気になる
去年と同じことをして芸がないことこの上ないけれど、三重の自宅に一度戻り、里への手土産は今年も松阪牛にすることにした。
もちろん、特産品は、亀山のロウソクをはじめとして、フグ,お茶,伊勢エビなどもある。が、ロウソクやお茶ではお葬式帰りみたいで、年の初めからバツ悪い。フグやエビは、日持ちしないし胃腸炎が流行っている今にはふさわしくない。消去法で、やぱりウシさん、となったわけだ。

ただ今年は、去年行列のあまりの長さに呆れて入らなかった津随一のお店を標的にした。
お店は、津の町を貫く目貫通国道23号線の、しかも商工中金の支店や中央郵便局がある中心地にある。

お昼過ぎ、もっとも空いているだろうと慮って行ってみたが、それでも店の外を40分待ち。しかも、13時を過ぎるとドンドン後ろへ列が伸びていって、2ブロック先までその列が続きはじめた。
私の前には、同年配の女の人が並んでいて、私以上にこの事態に呆れておられた。どうやら今年引っ越してきたばかりで、お店の評判だけを聞きつけ年末のごちそうに、と買いに来たご同類らしい。

私のすぐ後ろには、この土地の人らしいご婦人が2人。「思ったより早く店に入れそう」とよろこびつつ、私らイチゲンさん2人にこの店でのお客としてのコツを教えてくれた。メモにたとえば、「並のもも肉 すき焼き用 1kg」などと書いておき、店員さんに渡すのだという。店の中には幅10mくらいの長いショーケースがあり、等級,用途(すき焼き用、網焼き用、シチュー用等々)で細々と分けられて置いてある。そこに40人くらいの客がたむろすので、複数の種類の肉を買うには、こうでもしないと、そのたび人をかき分け目的の肉の前に並び直さなければならず、怖ろしく時間を食うのだとのこと。
と教えてもらったところで、値段の相場がよくつかめない。実際に見てみないと……となりメモを作ることができない。

それにしても、ここにならぶ人たちの豪儀な買いっぷりには圧倒される。
メモを見せてくれた女性はいろいろ合わせて2.5kg買うようだし、店の中では、平気で1kg単位の注文が連発されてる。
その肉にしても、最低でも100g525円(税込)はする。2.5kg買うとなると当然1万円を超える。
だいたいにして、そんな量を買う必要があるのか?この店、新年は4日朝から開けているというのに、それまでの6日間にどうやって消費するというのか?

三重の家庭のエンゲル係数が無性に気になる……。
スポンサーサイト

テーマ:地域日記 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/244-e28b5c27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。