ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋田行きのだったはずなのに
いつのまにやら「深夜のミステリーバスツアー」になってしまいました(泣)
しかも、全行程2000kmのうち、最初の20kmで断念してしまうという、前代未聞の珍事。


【予定していた行程】
亀山22:16発(関西線)柘植23:06発(草津線)草津0:01発(東海道線)彦根0:48発急行きたぐに乗車

【実録-深夜のミステリーバスツアー】
22:05頃:亀山駅窓口で急行きたぐにの急行券を買う
22:10頃:窓口で「関西線が運転休止中なの?」と駅員に問いただす人がいて、事態をようやく把握。なんでも20時台から「落石の危険性アリ」とのことで運休しているのだという。そういえば、20時頃雷雨があったけれど、そんなに降ったっけ?って感じ。
22:20:窓口で先ほど買ったばかりの急行券を払い戻して貰う。というのは、(1)本来のルートだと間に合わない可能性が大(2)名古屋廻りも調べたが、大垣より西へ行けないことがわかったため。
22:35:伊賀市内のスクールバスをチャーターしたという伊賀上野行代行バスに乗り込む。定員30人ほぼ満員で出発。
22:45:となりの関駅に着く頃、バスに乗り込んだJRの職員さんが、次のように告げる。「草津線も柘植から途中駅の貴生川までは電車が動いていますが、その先草津までは運転できていないので、代行バスになります」……この時点で、ほぼ「きたぐに」に乗れる可能性がなくなる。
真っ暗闇のなか、名阪国道バイパスを少し走っては、加太駅へ寄り道していく。だから(信号待ちがないのはありがたいが)、やたら時間がかかる。
23:15:通常汽車で25分の柘植駅へ、40分掛かりで着。ホームに入っていた草津線の電車に駆け込み、席について発車を待つ。その間、きたぐにに乗れない場合の明日の旅程を練り直す……が、宿泊予定の鹿角市に着くことが出来ないこと、従って、鹿角市内の磨崖仏か、くりはら田園鉄道かいずれかを諦める必要があることが判明。
23:22頃:草津線の電車に係の人が乗り込んできて、”すみませんこの列車を車庫に入れます”と告げられ、下車させられる。どうも、貴生川から折り返してくる電車を入れるホームがないためらしい。この調子では、草津に着くのすら午前1時以降になりそうな気配、それから草津で泊まる場所を探しても……最悪ない可能性があると思って気持ちが萎え、自宅へ引き返すことを決意(草津の駅前にはマンガ喫茶あったか覚えてないし、ホテルも高級ホテルしかないし……)。
それに、仮に今夜駅寝でやり過ごしたとしても、今度は明日の夜、大館の町で21時頃からぶっつけ本番で宿を探さなければならない!あそこって草津より小さな町やったぞ。……ヲイ、最悪2泊連続駅寝かよ(激萎)
23:25:ホームに停まったままの関西線亀山行き(20時台の汽車!)に乗り込み、予約していた鹿角の宿へキャンセルの電話を入れる。
23:28:その列車にまたも係の人が乗り込んでくる。今度は何を言わはるか、と身構えると、「亀山行の代行バスが来ましたので駅前広場へ急いで下さい」これえ置いて行かれたら、20kmをタクシーで帰る必要があるので、私も必死に走る(爆)
23:30:これまた伊賀市内のスクールバスを用立てた代行バスで亀山を目指す。
「まあ、乗車券の有効期間は12日あるし、来週末しきり直しでええやん」と自分を慰める。
23:40:あらためて冷静に車窓を見る。山また山、時おり人家もあるけれど、灯りは消えている。どこに連れて行かれるのか……この辺りに住んでいない人なら、不安だろうな……と思う。聞き耳を立てていると、名古屋に向かう人もいるみたいだし。
24:10:亀山の駅前ロータリー着。
「お疲れ様でした。ご迷惑をお掛けしました」と係の人に見送られ、帰途に着く。

確かに異様に疲れたよ。
スポンサーサイト

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント
タイヘンでした
おお、これはタイヘンでした・・
あのときは大雨だったのですね・・
【2007/02/01 09:23】 URL | SAKAKI #- [ 編集]

実際に行ってました
SAKAKIさん

この日は、雨も止んでいたのに……、という欲求不満が残ったのですが、

実際に行ってみると、今度は風で運休に見舞われました。
もぅレポートも書くの疲れる位、参って帰ってきました……
【2007/02/07 00:48】 URL | デルタ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/266-512163e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。