ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偕楽園のユースホステル(磨崖仏探査こぼれ話-茨城篇その2)
お布団の上で寝られる宿泊施設で、たぶん日本一安いところでないかと思うので、レポートします。

水戸の青少年会館に入居しているユースホステルなのですが、相部屋素泊まり1560円、なんですわ(会員料金。非会員者は1000円増)
かねがね「あそこはお得ですよ、値段のわりに施設がしっかりしているから」と聞いていたけれど、簡素でしかも静か。8畳間に4人の相部屋でゆったりと布団を敷けるので、蚕棚状の普通のユースホステルや、カプセルホテルよりも解放感があります。
定員のわりに共同の風呂が狭いのが、玉に瑕ですけども。

偕楽園よりもさらに市街地から遠い側、真っ正面には学校だったかの擬洋風の白い建物を移築した歴史博物館が建っていて、閑静なところでした。
ほんと、貧乏旅行にはええところですわ~。
スポンサーサイト

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/292-b73659b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。