ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道教育大の試み
昨日新聞に紹介されていて、感銘を受けたのでご紹介。

学校の先生が、再教育を受けたいと大学に戻りたい、という需要があるという。その受け皿として、いくつかの教育大では修士課程の大学院に社会人枠を作って募集している。とはいっても、2年の学費だけで200万円弱のお金を用意する必要があるので、尻込みする人が多いらしい。

北海道教育大にも、そのような大学院があるのだが、そこへ再教育で入る教員さんのために、学資を補助する基金を作ろうとしているのだという。名付けて教育支援基金

目標金額1億円。それに対し、ここ何ヶ月かでOB会や地元財界からの寄付でようやく600万円集めたのだという。……先が遠いぞ
僕の考えている教職員さんたちの再教育プログラムとちがって、特定の人しかターゲットにならないけれど、批判ばかりでは進まない。数口だけでも寄付しようかな。

こういうところで、「そんなこと政府が金を出すべきと違うの?」と言わないあたりが、リバタリアンなんですナ(苦笑)
スポンサーサイト

テーマ:教育問題 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/306-803fb078
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。