ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

惜別「O-bento」
O-bentoという駅弁をご存知でしょうか。
関東圏の方しか知らないかもしれなですね。東京近辺のJR東日本運営のキオスクで売っている格安の駅弁です。
ともかくコンセプトが明確で、面白い商品でした。
 人工的な添加物を排除
 有機栽培の食材を使う
 調理後冷凍し真空パック化して在庫する
 注文とともに電子レンジに入れて、食べる状態に戻す


「O-bentoのOは、ORGANICのO」と宣伝し、しかも、日持ちするので廃棄もほとんどなくなり低コストにもできる。このアイデアを知ったとき、「うまいな~」とうなったものです。
実際食べてみると、ご飯がべたつくのと、味付けが濃いのとを除くと、結構なお味で、しかもシステム上買う寸前に必ず温めてくれるのですから、冬場にはご飯の温かさがありがたく、……川崎に住んでいたころには、東への旅のお供によく買っていました。

それが、今年いっぱいで販売終了と決まったそうです。
早い話、私みたいな新しいモノ好きに飽きられた、ということみたいで、売り上げが落ちて採算に合わなくなったらしいのです。
今日、そのあたりの事情が毎日新聞から配信されていました。
その寿命、わずか7年……。
しかし、ですよ。
 有機食材を使い、日持ちを極力長くする工夫をして食材のムダを減らす、という方針じたいは、今後もますます世の中に支持されていくだろうと予測します。
諦めるの速すぎる、と私は思うのです。
確かにアメリカで作って輸入する、という手間まで含めて、この商品を維持はできないでしょう。が国内でやれば……。

ここで、重大な問題にぶち当たるのです。
そもそもO-BENTOをなぜ「MADE IN USA」にせざるを得なかったのか?
それは、「有機食材を国内で十分確保できなかったから」なのです。

この状況、日本の農業界において、解消されているのでしょうか?

……悲しいばかりの、需要と供給とのミスマッチが、国内にはあります……
スポンサーサイト

テーマ:本日のニュースより - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/309-018db4a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。