ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下に力んだ文章を書きましたけど(苦笑)
そんなこんなのことを含めて、
自我がかたちづくられる過程で、適切にアドバイスをくれる、または聞き役に徹して心の平穏を与えてくれるオトナがまわりにいることが、最も大切なことでないかなと判断しているわけです。

この役割、親には無理ですよね。親は自分の子供へ社会的な責任を負っている以上、社会が求める”らしさ(=Role)”(Gender roleももちろん含めて)を教えねばなりませんから。

また他方、学校の先生には、そこまでの洞察をもって日々学生さんに接する、動機付も手間暇も与えられていないと想像できます。

せめて、先生の変革の手助けになればと、
前に取り上げた
北海道教育大の「教育支援基金」へ、今日、ささやかながら送金しました。
スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/316-d24c18d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。