ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

磨崖仏海を渡る(はるかなる序章-その0くらい)
下に書いたような勢いで、国内の磨崖仏を踏査して、
さあ来年GWは、韓国進出を狙ってます。
料理も、鉄道にも目もくれず、ひたすら磨崖仏(それに伴うハイキング)に明け暮れる……という、怖ろしい行程を考えているのですが
……という以前に、初海外を単独で、郡内バス(日本流に言ったら、”地域内バス”てなところでしょうか)まで乗り継いで、ハイキングまでやろうというわけですから、そうとう、用意を周到にしないと、……と情報収集をはじてるのですが、
ここ1ヶ月くらい、肝腎なところがわかっていませんでした。

「磨崖仏って、韓国語ではどういうの!」
苦し紛れに、漢字で磨崖仏と入れて検索したり、Seokpul(”石佛”)と入れたりして……そうすると当然お地蔵さんみたいなのも入ってくる……と続けてきたのですが、今日ようやくわかった!

Ma-aebul
「磨崖仏」をそう読むのだそうです。
スポンサーサイト

テーマ:史跡 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/347-70cfdae5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。