ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はやくもラニーニャ状態
この前の冬、エルニーニョで暖冬ということだったのに、
そのエルニーニョ状態が解けて、ラニーニャ状態になっているみたいですね。
梅雨が豪雨型にかわってきたのも、そのせいでないか、というのが、西日本新聞の報道するところ

「メソβ(ベータ)降水系」なんて難しい言葉を新聞で使わないように(警告1)
気象予報士になろうとしている人だけでないんだから、この世の中は!
メソβというのは、20~200kmの水平方向の大きさを持つ大気運動の総称で、長くて半日の寿命で消滅する(ただし、隣に別なメソβの系が連鎖的に発生するので、巨視的には集中豪雨につながる)、というものです。
衛星写真を見る限り、クラウドクラスタと呼ばれる、積乱雲の組織化された群が梅雨前線に沿って出来ていることを指して、そう言っているものと思います。
古い言い方でいえば、フィリピン方面からの湿気を含んだ暖気の流入(「湿舌」といいます~)に刺激されてできた巨大積乱雲です。陽気な梅雨の末期によく現れる現象です……。


ちなみに、ラニーニャ状態について。
まさか、そんなに早く海水温分布の状態が移行するものか?と気になり
気象庁のHPを訪ねたら、
たしかに、6月時点で兆候が見えていたみたいです。

http://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/elnino/kanshi_joho/kanshi_joho1.html

この切り替わりの速さが、……このところの特徴でしょうか
スポンサーサイト

テーマ:天気 - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/349-618aa369
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。