ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震と自家用車
日曜日の早朝、NHKラジオのニュースで伝えていた、中越沖地震と自家用車とに関したニュースを二題。

その1
発生後最初の日曜日、復旧ボランティアに沢山の人が来てもらえると見込んだ柏崎市当局からのお願い。「作業用車両の妨げになりますので、市街中心地まで自家用車を乗り入れないでください」
その2
自動車部品の大手メーカの工場が、これまで水道が切れていたので操業が止っていた。それを、市役所が土曜未明の突貫工事で復旧させたので、今日から工場を操業できる見込み、
そんなニュースが「公共放送」のトップニュースで流れた。

日本の社会にとって、自動車は「過剰にある」けれど「休むことなく造り続けねばならない」という、なんともまぁムダな存在になっている、いびつさを感じた。

ちなみに。
私は仕事の関係で土曜日、新潟県(長岡だったと思う)の工場からの出張者と一緒に仕事をしていた。彼によると金曜のお昼時点で、「水道が止っていた」のだとか。
上の自動車部品の大手メーカがいかに「例外的な扱い」をしてもらっているかがわかろうというものだ。
スポンサーサイト

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/355-22712277
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。