ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泣くに泣けない?「みどりのオーナー」制度
朝、出勤のバスを待ちながらNHKラジオのニュースを聞いていたら、
林野庁がかつて募集していた「緑のオーナー制度(分収育林制度)」で、膨大な損失が出ている、とトップニュースで報じた。まるで、和牛オーナー制度事件の再来といわんばかりの深刻そうな取り上げ方だった。

今日になっていきなり何を、と苦笑。たぶん最近、契約満了になった方が、自身の社会的影響力を誇示しつつ、林野庁へブラフをかけようとしているのだろうな……。

人ごとだから笑ってられるのだろう、これは政府による詐欺なんだぞ、と私のこの言いぐさに憤る方がおられたら、それは残念。
何を隠そう、私は平成9年募集分の秋田営林局(今は森林管理局に名前が変った)管内の山形県某所の国有林に1口分出資しているのだから。

確かに我々オーナーにとっては、やるせない。
数年に1度、木材の落札状況や森林の一般的な社会的な役割、あるいは共有している森の保育状況を示したレポートを貰っている。

そこには泣くに泣けない現実が書いてある。
「伐採の時期が来ても、応札する業者がないため再入札を繰り返している」
「スギ材の価格下落が加速している」
……。
そういうレポートを貰えたからといって、それを参考に次のアクションを取れるわけではない。たとえば今年で契約を解除して損失を食い止める、ということもできない。何しろ、「契約者本人が死亡」の場合ですら「法定相続人への相続」を認めても解約できない、と契約にあるのだ。
私が契約を結んだ平成9年からちょうど10年経った。
その間にスギ材の卸価格は約45%になっている(55%価格ダウンしている)。
計20年の間でオーナーになっている分の木材が約1.5倍の体積に成長するとしても、今の時点で3割以上の元本割れを起こすことになる。

ただ負け惜しみをいうのでなく、
出資してよかったと思っている。このようにして、今、日本が直面している危機について、より正確に理解することに役だっているからだ。

こういうかたちで直接の関わりをもっていなかったら、やはりありきたりな、「評論家的発想」でわかったつもりになっていただろうから。
「環境保護」とは、子供のころ、母親が”粉石けん運動”に関わったことからのつきあいである私には、「ナイーブな」常識だけに堕ちてしまう危険があったのだし、いまだに逃れられてないかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

とりあえず、参考資料

asahi.com:国有林投資、9割が元本割れ 林野庁「緑のオーナー」
http://www.asahi.com/national/update/0802/OSK200708020067.html?ref=rss
YOMIURI ONLINE「緑のオーナー制度」9割元本割れ、林野庁リスク説明せず
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070803i113.htm
緑のオーナー98%元本割れ/出資50万円に販売額29万円 - 愛媛新聞社
http://www.ehime-np.co.jp/news/kyodo/20070803/ky2007080301000387.html

なんで、こんなニュースに興味を持つかって
それは、昭和57年度国家公務員中級林業で一次は合格したんですけど
二次で

やっぱりコネがいるんですかね

これって、数年まえに元本割れとニュースになったはずですが。
で、契約したとき何年生だったんですか

同制度は1口50万円か25万円を出して国有林の樹木の共有者となり、満期(最短で15年)を迎えた後に伐採、販売代金を配分する。公募は1984~98年度に行われ、個人・団体から計約8万6000件の出資で約500億円を調達した。

99年度に初めて満期を迎え、この時は50万円の出資に対し平均受取額は54万円だったが、2000年度以降に元本割れが発生。05年度の平均受取額は27万7000円で、4分の1まで下落したケースもあった。

54/50=1.08
(54/50)^1/15=
1.0051439208416215416830293660033

年利0.5パーセント

林野庁では、元本割れリスクについては、出資者からの問い合わせが増え始めた93年度から、募集のためのパンフレットに「元本を保証するものではない」などと記していた。
【2007/08/04 05:33】 URL | msx #SFo5/nok [ 編集]


森林文化協会(アカピー後援)は相変わらず朽木でがんばってるようですね

ハンカチノキ情報 - くつきの森フォトレター
http://kutsukiaso.exblog.jp/i5/

取り木でハンカチノキの苗でも増殖したほうがよっぽどもうかりますよ
【2007/08/04 08:45】 URL | msx #SFo5/nok [ 編集]


出資していたのですか??
私の父は里山を少し持っていますが、大切なクスの巨木をすっかり盗まれました。それも幹だけやられたので、枝葉が残っており、ずっと気がつかなかったのです。
杉が半値とは・・ちょうど生産のピークに不況がぶつかったのでしょうかね。花粉症の元なので、広葉樹で勝負とは行かないのでしょうかね。積み木はブナを使うそうですし・・

【2007/08/06 21:57】 URL | SAKAKI #- [ 編集]


全国平均山元立木価格
http://www.hk.sun-ip.or.jp/wood/rin/data/kakaku.htm

>山元立木価格は、最寄木材市場渡し素材価格から生産諸経費等を差し引いた価格。このため、取引が成立した素材の価格が反映する傾向がある。

平成14年から立木価格が急落してますが、生産経費が上がっているんですかね

兵庫県の木材価格(丸太・製材品)の推移状況
http://www.hk.sun-ip.or.jp/wood/rin/data/kakaku3.htm
国産材素材市況
http://www.hk.sun-ip.or.jp/wood/rin/data/lumber_price.htm
【2007/08/08 10:17】 URL | msx #SFo5/nok [ 編集]


JREI田畑・山林価格調査平成18年9月14日発表
http://www.reinet.or.jp/jreidata/b_den/index.htm
木材価格は、住宅着工戸数の減少と平成12年4月施行の「住宅の品質確保の促進等に関する法律」の影響により杉価格の下落が大きかったが、近年は高級材とされてきた桧までも下落している。また、平成16年夏季~秋季に襲来した台風被害のため全国的に風倒木など被害木が発生し、被害木の出材が増加したことなどから、木材価格の更なる下落を招いたが、地区による差異があるものの、被害木の出材はほぼ一段落の状況となっている。
【2007/08/08 10:24】 URL | msx #SFo5/nok [ 編集]

コメント、ありがとうございます。
研修に行っていまして、返事が遅くなりました。
すみません。

MSXさん。
参考資料を提示してくださりありがとうございます。

朽木村のハンカチノキの件は、やはり新聞社の社会的信用というものが意識にあって、たとえ赤字が出てもと意気込んではるのでないでしょうか。その意味でほんとに敬意を持ってます。私の郷里にも近いところだし(笑)

平成16年の夏あたりの価格下落の分析からは、林業の持つ独特の難しさに改めて気付きました。天災による不作は、残った部分の価格下落には直接つながりませんが、木材の場合は、被害を受けた倒木を出荷するために価格を引き下げてしまうのですね(森の中に放置したままにできないからでしょうか)
実は、この年の価格下落が、いまのところトドメをさした状態になっております。

SAKAKIさん
そう、そそっかしくも、買っていたのです。林業関係のライターさんである田中氏などは「出資した人は本当に儲かると思っていたのでしょうか」と、一刀両断してはりますが(苦笑)、
私の出資した時点では、木材の価格下落傾向に一時歯止めがかかった時期だったもので、収支トントンになるだろうな、と読んで、将来のお楽しみと、25万円口に応募したのでした。

スギ材にしてもヒノキ材にしても、戦後の集中的な増産・植林が、今伐採の時期に来ていて、それも、当然ながら、モノカルチャー的に「需要の多そうな」種類に集中してしまっているので、もの凄い供給過剰になっている様子ですね。
古いお寺などは、広葉樹も含めて、イチイとか、クリとか、土地の風土と建物の規模・用途に合わせて使い分ける文化があったように思うのですが。
……いつのまにやら、ブランド化の流れを自らつくってしまってて、自縄自縛になっているのが歯がゆいです。
まるで、IT不況期の日本の半導体産業界みたいで。

ブナ材って積み木に使っているんですか?
炭への需要が完全になくなり(そして、竹炭というライバルも現れて)
何に使おうか?ってひと昔前悩みの標的だったとは聞いていたのですが
【2007/08/10 02:03】 URL | デルタ #JnoDGgPo [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/361-1358e9e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。