ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悠久の地インドの、ある平穏な一日
ガンジー主義にも相通じる不戦主義者の故パール判事と、自国独立のために旧日本軍と「機会的な」同盟を結んで自国へ攻め込んだチャンドラ・ボーズ氏
そのふたりの縁者・故地をともに、「日本と縁があるから」と表敬しようとした、安倍首相。
その影にどんな政治的思惑があり、
その過程でどんな怪気炎があがり、
その結果インド世論をどれだけかき回してしまうか、
私は固唾を呑んで見ていた。

しかし、この平穏さはなんなのだろう。
特に、パール判事のご子息との会見は、
「昔、あなたのお祖父さんとお会いしたことがあります」という、実質のないお話で、よかったよかった、と終わった様子。

話しているのが、生身の安倍晋三氏なのであり、生身のプロシャント・パール氏なのであり、良くも悪くも「別人どうし」だった、あたりまえなことだけど。
当然の結果として、岸信介氏や、あのパール氏から考えを引き継いでいるわけでないので、話題に詰まって社交辞令の交換で終わった、というわけか。

固唾を呑んでいた私もご苦労サンだけど、空回りに終わった現首相にも「無駄骨ご苦労サン」といっておきたい。
……それからもう一言。

「この種の会見は、単なる税金の無駄遣いです。今後はやめて下さい」
スポンサーサイト

テーマ:安倍晋三 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント
勿体無い
TBありがとうございます。
いやぁ・・差し障り無く終わって良かった。
安倍ちゃんは岸じいちゃんの亡霊が憑依していますから、ホンノ少しでもこんなことしちゃうとあらぬ疑いと危険な香りがしてしまう。
もっとズルく計算しないと、せっかくの歴訪の成果が、パール判事で台無しになっちゃうんですよね。あーー勿体無い・・
【2007/08/26 21:31】 URL | SAKAKI #- [ 編集]

家業を継ぐ宿命
SAKAKIさん、こんにちは。
訪印自体は、わりと実のあるものでしたし、余計蛇足でしたね、これらの会見は……。

>安倍ちゃんは岸じいちゃんの亡霊が憑依していますから

家業?を選んでしまった以上、その辺りのハンデも、うまくかわさないといけませんよね(笑)
三代目桂春團治師匠、あるいは、国語教育学の金田一先生(金田一一家のMr.3代目)に弟子入りして、コツを盗むことを進言したいです。

だれも、桂小米朝(祝 米團治襲名!)のように屈託なくやりなさいとまではいいませんから(あの人は天才の域ですから~)
【2007/08/27 23:29】 URL | デルタ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/377-163168bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。