ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買いませんでしたが
安吾のエッセイ類が載った、大型のムック本が出版されていますね。
本屋で見つけて、胸が熱くなりました。
晩年にできたひとり息子の綱男さん(写真家)の写真と、
彼のエッセイの1フレーズと重ね合わせるグラビアページもたくさんあり、
……夢のようです。
(というのは、綱男さんは10年くらい前までは、安吾がらみのことでは表に出てこられなかったから。最近では、「唯一残された親族の責任です(苦笑)」といいつつ、バーチャルミュージアムの立ち上げやらに奔走されています)

あと、三浦しをんサンがお勧めの作品で、「風博士」をあげておられたのが印象に残りました。ま、三浦サンが安吾を読んでいるというのは、想像つきますが、風博士というあたりが意外。


といって収録されている作品は、私ぜんぶ持っているからな、と買わずじまい。

ちなみに、聞かれもしてませんが、私のお薦めは
「アンゴウ」という10ページくらいの短編。創元社推理文庫にだけ収録された、その筋(推理ファン)の間だけで有名な作品です。
スポンサーサイト

テーマ:オススメ本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/09/17 12:47】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/387-379b6f49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。