ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀井のとっつぁん、ええぞー(FROM死刑廃止論者)
ひさしぶりに、政治絡みで喝采したい意見が飛び出しました。
亀井のとっつぁん=亀井静香サン(死刑廃止議員連盟会長)が、死刑執行の決定方法について、法務大臣鳩山邦夫サンに噛みついたのです。

http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20070926-261793.html

日航会長に「19世紀の悪い経営者」と噛みついて以来のクリーンヒットだと断言できます(<-村山内閣の頃です。覚えてる人どれくらいいはるかな~)。とっつぁんの一本気なところ、尊敬してます。

一方で、鳩山サンのいうことも、法律上は正論です。法務大臣が「恣意的に(選んで)」死刑執行を命令できるのならば、最高裁の権限と権威とを犯すことになります。死刑を決定した以上は、機械的に執行をする以外に、特に取り決めがありません。この点では、まさに、法相は「ハンコを押す」のが役割です。

だからこそ、死刑を止めるためには、刑法を改正するのが王道なのです。(そのことは、亀井サン自身が一番ご存知だと思います)そして、国際的合意として死刑廃止の法制化が進んでいるのも動かしがたい事実です。

現在決まっている法律の厳格な運用という大義と
国が人の命を奪ってよいのか、という素朴な自由主義的正義の直感(私もこの直感に従っています)との、果てることなかった争いの一端です。
本来、年金制度だの細々したこと以上に、しっかり議論しなければいけない課題です。
政府の存在意義に係わる問題なのですから。

執行停止という「なぁなぁ」で、いつまでも済ますわけに行かないでしょう。
亀井のとっつぁんも、法相の罷免決議をオプションに用意して、
法相も、法制局見解だとか、刑法の立法過程を調べるとか理論武装をして、
法務委員会で、ガチンコ対決してくれることを期待します。
鳩山サンも、わりと話をきっちりしてくれるタイプの人だし。彼が文相だったころの各種スピーチには、感心することが多かったものです)

それで起こる混迷ならば、大歓迎です。

※亀井サンの関係者、ファンの皆さん
”とっつぁん”などと、親しげに呼んですみません。
彼の正義漢ぶり、浪花節的態度、そして警察エリート官僚ぶりが、どうしても、「ルパン三世」の「ムッシュ銭形警部」に重なるのです……。

(誤解を受けそうなので追記)

私も、理屈上は次の場合には、法務大臣が死刑執行停止を決定できると考えています。
(1)再審請求がなされている場合
(2)不正常な形で結審した場合
(3)刑法で想定している範囲を超えて、死刑判決を裁判所が出した場合
   とりわけ、求刑が死刑でないのに、死刑判決が出たばあい(まったくあり得ないとは言えないので)
スポンサーサイト

テーマ:死刑 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント
デルタさん、おはようございます。
亀井さんは建設大臣をやっておられた際の、阪神大震災後のことを思い出します。当時震災で発覚した手抜き工事が批判されたので、建設会社が補強工事を行ったとき、大臣がわざわざ現場まで来て破壊検査か非破壊検査かに立ち合われたと記憶します。その時は「パフォーマンスでやってるんじゃないの?」なんてヒネた見方をしていました。
しかし、近年の耐震偽装問題が出てきてからは、「亀井さんが建設大臣だったらなあ」と心底思います。7、8年ほど前までは、あまり好きな政治家ではなかったですが、自分も多少年を取り、彼の魅力がわかるようになりました。
【2007/09/28 03:13】 URL | Kay #MzX1GqX2 [ 編集]


Kayさん、はじめまして。今後ともよろしくお願いします
震災の頃、私は関東在住でしたので、亀井サンが神戸へ何をしにいかはったのか、よく知りませんでした。東海道・山陽本線の復旧工事を視察、というのもあった時期だったかも……。
こうして思うと、ポピュリスト寸前の彼ですが、現場の警察官よろしく、現場百篇を実践できる政治家らしくないところがあるのでしょうね、彼の場合。
【2007/09/29 01:49】 URL | デルタ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/389-0bb284cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鳩山法務大臣の許し難い発言

 本日、福田康夫氏が内閣総理大臣に指名されました。しかし、参議院では小沢民主党代表が指名され、衆参両院協議会が9年ぶりに開かれることになり、福田内閣は最初から前途多難な滑り出しになりました。 さて、... 天下の大悪法・裁判員制度徹底糾弾!!高野善通の雑記帳【2007/09/26 23:39】

鳩山法相の死刑制度に対する見解について

死刑「執行は自動的に」…鳩山法相、辞職後の会見で鳩山邦夫法相は25日、内閣総辞職後の記者会見で、死刑制度について「判決確定から半年以内に執行するという法の規定が事実上、守られていない。法相が絡まなくても、半年以内に執行することが自動的、客観的に進む方法が ブログ一撃チェキ!【2007/09/29 00:20】

鳩山法相の死刑制度に対する見解について

死刑「執行は自動的に」…鳩山法相、辞職後の会見で鳩山邦夫法相は25日、内閣総辞職後の記者会見で、死刑制度について「判決確定から半年以内に執行するという法の規定が事実上、守られていない。法相が絡まなくても、半年以内に執行することが自動的、客観的に進む方法が ブログ一撃チェキ!【2007/09/29 00:20】

低レベルの罵り合いと死刑執行の重大性のアンバランス

 ここで死刑廃止の是非を論じるつもりはない。 よくよく考え抜かれた刑事訴訟法を前にして,あまりにも低俗な口喧嘩を展開している姿が実に情けなかったので,一言だけ愚痴って... 津久井進の弁護士ノート【2007/09/29 07:19】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。