FC2ブログ
ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

愛宕さんには月参り
と有名な、京都の西にある愛宕山を登りました。
登り 清滝-表参道-愛宕山頂
下り 山頂-西尾根-神明峠-水尾-保津峡-六丁峠-鳥居本-嵯峨嵐山駅
所要時間 登り1:20
     下り3:05(鳥居本まで)
累積標高差:約900m
京都駅8:40発のバスに乗ったのに、清滝に着いたのが10:20。
朝の時点で嵐山の渡月橋あたりで渋滞に巻き込まれ、バスの運転手さんまでイライラし出すという事態。
天気もいいし、乾いた涼しい風も気持ちいいし、表参道に繰り出したみなさん、ご機嫌の様子です。
登りだしのときに、昔あったケーブルカーの路線跡を歩いてしまうというトラブルはあったのですが(苦笑)、以降ドンドンペースが上がってきた。特に石段はリズミカルに登れて、楽々でした。
しかし!もっと速い人がいた。地元北嵯峨高校硬式野球部のみなさん。トレーニングらしく駆け下りてくるのだけど、砂利だらけの道をジョギングシューズでダ、ダ、ダとくる。時速10kmは出ていると思う。彼等の足の、また細いこと!もっと走り込んで足腰を鍛えてくださいね(それが野球の上達に繋がるかはわかりません)
だいたい500mにひとつくらい石垣が残っていて、昔の愛宕権現の大きさがしのばれました。
今残っている建物は山頂部に集中していて、黒門(残り200mくらい)社務所・休憩所、本殿といったものだけで、「火避けの神符」で有名なお社にしては小さいのに驚きました。それも、白木基調の建物でシックなんです(派手なのは、本殿の欄間の透かし彫りくらいか)。

お昼を食べ、12:10に山頂を出て、西の尾根へ降りていく。
こちらには人の気配がほとんどなくて、前後をあるいたのはオジサン2人だけ(どちらも単独行)。こちらの道沿いには、時々広く伐採された場所があり、ススキなども生えている秋の野原ていうイメージ。ただし、地蔵山への分岐から神明峠へ降りる道が尖った礫だらけの深くえぐれた道で、結構気を遣いました。
神明峠からは車道歩き。保津峡の紅葉を見たくて、水尾集落を経て、保津川まで出た。紅葉はもう一週先が最盛期になりそうです(注:保津峡あたりの話。嵯峨・嵐山は今週が最盛でした)。とはいえ、深い青の川面と山を駆け上るような黄葉の列のコントラストが十分楽しめて……、となったのまでは良かったのですが、
「こっから嵐山に出るの、どうすればいいん!」
……いうまでもなく、六丁峠の峠越えが避けられず。標高差数十メートル、足を引きずりながら登り切りましたとも(それでも、同じ時間帯に歩いていただれより早く登り切ったあたり意地です)

さて、下った麓が鳥居本。「化野の念仏寺」がある里。
はじめて来たのだけど、映画のセットみたいなかたちで、山里風の伝統建築を残している場所でした。(一方、通りに面しないところは、昭和中期に建てられて近代的”お屋敷”ばかり!)
化野念仏寺……。
紅葉がまっさかり。しばし絶句、呆然。
あまりにすごかったので、写真を沢山撮ってきているので……、
現像があがったら、こちらに貼り付けまする。


スポンサーサイト



この記事に対するコメント
山登り!
愛宕山のぼり、お疲れ様です!
自分も、先日の岩殿山登りで、山登りが少し楽しいもので結構いけるなあと思い始めました。
山登りも自分の趣味に加えようかなあ、って短絡過ぎますかね?(笑)
【2005/11/29 23:04】 URL | kazu #- [ 編集]

歓迎
KAZUさんの山岳進出、歓迎です(笑)
関東に住んでいた時期だったら、あちらこちら引っ張り回すハメになってたでしょうが
そうならなかったのは、一面いいともいえまして。

愛宕山もいいし、大文字山もいいし、
僕の住んでいるあたりだと、三峰山もいいですが、
平成の北野大茶会、そろそろやりましょう(こればっか-苦)
【2005/11/30 23:32】 URL | デルタ #- [ 編集]

説明しよう……「平成の北野大茶会」

前回開催は天正時代、しかも朝鮮出兵のため中止となった幻の大イベントの復活をかけ、平成の反家康同盟旗頭(爆)KAZUさんと、平成の曾呂利新左衛門を自称する私とが、前から企画している「お茶会」です。
(平成の千利休・細川三斎を急募中。自称可)

来春開催を予定しています。現在参加者募集中
もっとも「お茶」は紅茶になるのでないか、と言う噂がもっぱら。

ネックは2点
その1、ほんまに他の参加者が居はる(爆)?
その2、北野ていうけど、場所ないぞ(涙)
【2005/11/30 23:34】 URL | デルタ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/4-e44c41ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)