ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦え、赤福
三重県民だから、赤福の肩を持ちたくなってきた。

結論からいおう。
赤福には、老舗の誇りを賭けて、農水省と戦ってほしいのだ。
赤福の現場の人、役員ともに、食品としての品質・風味を損ねないと確信があるからこそ、作り置きをして、業務用の冷凍庫に取り置いてきたわけでなかったのか。
そして、お客さんにしても、冷凍からもどしたものと作りたてとが区別つけられなかったのが実情でないのか。

とすると、農水省(JAS)の規定や想定をよい方向へ越える、生産技術・品質管理技術・在庫技術を確立している、といえる。とすると、
「JASこそ改めるべき」、と堂々と申し立てればいい。

作りたて、は、確かに魅力のある売り文句だ。
けれど、その裏にはバカにならない量の廃棄を伴うことになる。
そんな毎日のロスが原因になって、
食材がムダにされ、
高コストにつながっている。
(焼きたてパン屋さんなどを見ればいい)

そんな作り置きの出来ないためのロス、をなくすことで、商品としての魅力を増した食べ物に、
 ・コモのパン
 ・O-BENTO(JR東日本東京地区の格安駅弁)
がある。
それらに、今となってはJASを盾にしたクレームをつける人はいない。
だから、赤福も自信を持って欲しいのだ。

食べ物を粗末にしたら、もったいないオバケがでるぞ!!
スポンサーサイト

テーマ:なんて事だ?? - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

「JASこそ改めるべき!」同感です。
JASの基準が全て良いと言うわけではない、むしろ時代にそぐわなくなっている部分だってあるのでしょうからね。

お久しぶりです。(汗)
このところ、ご無沙汰しておりました、すみません。(>_<)

【2007/10/21 17:26】 URL | 西郷一之介(kazu) #- [ 編集]


KAZUさん。
お久しぶりです。

赤福のこと、偽装、の一点を否定することが出来ず、どうも旗色が悪くなってきました(苦笑)
辛いところです……。
【2007/10/23 22:53】 URL | デルタ #- [ 編集]


 はじめまして。
大阪出身の赤福ファンです。
東京に来てはじめて、おみやげに赤福を頂きました。
30数年ぶりの大好物にさっそく食しましたが、こころなしか昔のおいしさを感じることが出来ませんでした。
明け方から行列が出来る位の人気なのだから、大量生産に動ずることなく、できたてのみ販売の姿勢を維持して欲しかったです。
確かに需要の多様性に対応するには冷凍保存は必要と考えます。JAS規格にも疑問は多々あります。
しかしながら如何せんいろんな処理は味を落とします。
「味」にこだわった販売と、大量生産による保存処理を許容する販売と、需要に応じた販売法を取り入れればどうかなと素人目には思えますが如何でしょうか?
【2007/10/24 15:21】 URL | Sayaka #- [ 編集]


Sayakaさん、はじめまして。

地元民、なのに赤福を20年以上食べていないことに、今更気づきました(苦笑)
地元以外(正確には工場から数時間で配送できるところ以外)で買うと、やはり味が落ちるのですか?そのあたり判ってませんでしたので……。
風味の保証と安全性の保証(JASは本来はこちらの為の基準)とは違うモノであり、
本当の問題は、風味を保障してほしいという世の中の要求と、規格・基準の定めかたとの乖離にあるのだと、改めて気付きました。

>「味」にこだわった販売と、大量生産による保存処理を許容する販売と
ここまでいくと難しい問題ですね
コモのパンは、ああいう味と認めて慣れたらおいしいですが、
普通のパンに比べるとずいぶん甘い。
それと同じ問題が、同じ商品「赤福」に現れるわけですから、買う側からすると確かに「同じお金を払う気になれない」ですね。
【2007/10/25 23:40】 URL | デルタ #JnoDGgPo [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/402-58e75734
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。