ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国語訳……
韓国語の勉強をしているのですが……
単調なスキットの練習だけでなく、なんか刺激的なことしてみたいな、と思い、歌詞の翻訳なんてのをやってみた。
選んだ曲は、「琵琶湖周航の歌」ずいぶん昔に、加藤登紀子さんが歌い有名になった滋賀県民の愛唱歌(苦笑)。もとは京大ボート部の歌、なのだけど、そんなのお構いなしに、滋賀県の各町で歌い継がれている曲です。
4年前かな、FM滋賀が仕掛けて世里奈サンて新人歌手がフルスケールバージョン(6番まで)を歌い、初めてその全貌を知ったわけですが、ま今回は、お登紀さんバージョンの4番まで。
結構順調に訳せたんですよ。特に「瑠璃」だの「珊瑚」だの(4番に出てきます)などはほとんど音も同じで、結構メロディーに乗っているかも、とご満悦状態です。
が、二つ訳するのが難しいかったところを。

「珊瑚の宮」
これは竹生島の弁天サンを指しているのですが、”宮”をどう訳したものか。
ここは今でも神仏習合の信仰だし、そんな信仰韓国で理解してもらえるか?(そもそも宮という歌詞自体が正しくないし(苦笑)
直後に「仏の御手に抱かれて」と出てくるから、強引に「寺」と訳した。

そして、題名です。もっとも難しかったのは!
「周航」なんて風習、琵琶湖のボート部だけだろうし、「周航」の言葉だけだと到底漕艇用のボートを使っているとは思って貰えなさそう。そこで「(ボートを)漕いで」の言葉を入れると、琵琶湖(Biwaho、となる)がなんだかボートの名前「ピワ号(これもBiwaho、となる)」みたいになってしまう(爆)
だから今のところの仮訳は、すごく回りくどい
「琵琶湖を巡る若人達」
これでは、風情が出ない(涙)
難しいものですね。
ちなみに、5番以降は、お濠矢の根(5番)だの「西国十番 長命寺」(6番)だのが出てきて、もっと背景を説明するのが大変そう、ここでひとまず挫折です(苦笑)
スポンサーサイト

テーマ:語学の勉強 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/408-81644a31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。