ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一降り、二乗り、三押すな
日曜日、湖東三山を散策してきました。といっても、百済寺にいっただけで、あとは近江鉄道に乗り継ぎ、豊郷小学校をフェンス越しに見てきたわけですが……。

豊郷小学校、今となっては数少ない大規模なヴォーリズ建築です。小さな民家や集合住宅(あるいは簡易郵便局だの保育園だの)ならば県内に結構残っているのですが、今残っている建物では、一番大きなものでないかな。幅100mにわたる、文鎮みたいな格好の、コンクリート打ちっ放しの建物でした。こころなしか、私の出た大学大阪の某公立大学の1号館(昭和初年築)とシルエットが似ています。
それにしても、小学校にしては「大きすぎる」建物です。伊藤忠の取締役だった地元の名士が寄付してできた、といういわれも頷けます。(しかも。建物だけでなく敷地も大きい。旧正門から建物まで100mくらいありそう)。
確かに近代遺産的な価値が高いとは思うのですが、いわゆるヴォーリズ建築の持つ「親しみやすさ・素朴さ」がなく、「威圧感」を感じて好きになれませんでした。
あの人の味が、「公立学校」という枠の中でかき消されているというのか。

そんなことより、です。
この小学校の位置、なんとかならんのか!です。
新幹線の高架から100mと離れていません。上り下りを合わせると、3分に一回くらいの頻度で、250km/h以上の列車が駆け抜ける。その音と衝撃とは、生徒にとって気が散って仕方がないはず。
ヴォーリズ建築を守るのもいいですが、
彼がこの土地に小学校を設計した時の願い、「最高の環境で学ばせたい」という気持ちに忠実に、新幹線の減速運動やったらどうだろう?

帰りがけ、近江鉄道の豊郷駅のホームに、気になる標識を見つけました。
高さ1m弱のセメントの柱に、こう彫ってあります。

「一降り、二乗り、三押すな」

電車の利用心得のスローガンですね。
(一般には、「一降り、二乗り、三発車」が正式な形として知られています)
その裏に、設置のいわれがあって、ちょっと胸が詰まりました。

「上海事変のため當駅(?)より徴用された○○君の為」
スポンサーサイト

テーマ:近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山) - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/413-2fd91abb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。