ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

満を持しての!?ロン・ポール
米国の大統領選でのこと。
CATO研にも関わりがある国会議員のロン・ポールって人が、共和党の候補の椅子を争っているという。
「政府の敵」と自称したマレー・ロスバードの写真を事務所に飾っている、というのだから、筋金入りのリバタリアンだろう。

まずリバタリアンが大統領を目指す、という自己矛盾に満ちた快挙に目を疑った。
……実は今年の夏頃、MIXI内で「日本にもリバタリアン政党を作ろう」という動きがあったのだけど、選挙からしばらくして立ち消えになってしまった。それに比べて……という気持ちが正直あった。

当然ながら選挙戦としては、劣勢、なのだけど、
ネットで集金キャンペーンをはったら、1日で5億円を集めた、と報道があった。
外征戦争という「強権政治」が行き先を失っていると、あの国に住むからこそ身につまされて感じる人も多いのでしょう。
政治権力の「猛獣」を飼い慣らそうと努力するよりは、
権力の財源を絶ってしまおう、と、彼等は考えているのでしょう。

共和党ポール氏、1日で5億円集金=反戦主張の「異端児」-米大統領選

それ以上に、私が期待すること。
彼の主張;例えば「イラクからの即刻撤収」あたりを読んで、何かと誤解されがちな「リバタリアン」の意見が、少なくとも「社会悪の根元」ではないのだ、ということを、さらに「リバタリアン」と「ネオコン」とは似て非なるものだということを、日本で広く知らしめるということだ。
(特にUSAでは鋭く対立していること……ブッシュの同じ選挙区のロンポールが、ブッシュの施策を批判して大統領選に出ていることからも容易に判ると思います)

「リバタリアン」と「ネオコン」と「キリスト教福音派」が、たまたま特定個人の中で同居することができても、
それは例えば、
「禅宗信者」が「アナーキズム」に酔い、なのになぜか「ソ連型の共産主義」に走ったという場合にも似ている。彼/彼女の中で「必然性」はあっても、「論理的整合性」がない、ということなのだ。
スポンサーサイト

テーマ:新自由主義 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント
米国中西部6州の原住民族ラコタ族がUSA脱退・独立を宣言した!
2008.1.1のホットニュース:

米国中西部6州の原住民族ラコタ族が
USA脱退・独立を宣言した!
―悪の超大軍事テロ帝国は解体へ向かう

ロン・ポールはブッシュやチェイニーと同じ悪魔サイン=レプティリアン・サインをしているが、
それはどういう意味か?
USA分離・独立宣言への彼の対応は?彼はどうする?

 詳細は:
http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/49.html
【2008/01/03 02:45】 URL | たつまき #B6o4ZVa2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/415-ffc9ef31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。