FC2ブログ
ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

満願(磨崖仏調査こぼれ話石川編その1)
岩面仏調査の全県踏破が、満願になりました。最後に残されていた石川県に一泊してまで行って、1個所だけ見て参りました。

石川県の白山市……昔の鶴来町の市街の入口にある一閑寺の不動明王立像。
1体とはいえ、満願を飾るには、不足のない巨像でした。

お寺の建物は磨崖仏を保護するための覆い堂だけ。ただ収める磨崖仏が高さ8mからあるものですから、コンクリート建のやけに天井が高い現代的な建物なのです。
白山信仰そのものなのか、立山信仰の一翼を担う富山の日石寺の影響なのか、完全に分離不能だとは思うのですが、ともかく、北陸にありがちな、太めの不動尊石像。ただし、お寺が江戸時代に火災にあったのだそうで、この磨崖仏自体も幕末に作られたものだとのこと。
スポンサーサイト




テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/419-f04a2099
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)