ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名阪工事中
11/30まで、名阪国道が工事中。2車線のうちどちらかの車線を完全に閉鎖して月曜朝から土曜早朝まで工事しっぱなしですから、渋滞というのか、自動車が停まったきりになる、というのか、毎回すさまじい事態になってしまいます。

名阪国道というのは、三重・奈良の県境部分だけ国道バイパス扱いになっているだけで、両端が高速道路(東名阪と西名阪)とつながっているのです。というわけで、名古屋近辺から大阪へ抜けようとするトラック類が、普段からひっきりなしに来ます。その上に、併走するJR関西線の運行本数も車両も、「……はぁ……(溜息ノ理由ハ聞カナイデクレタマヘ)」というよりない具合ですので、地元自家用車も密集してくる、ということで、まさに車社会だな、と納得する光景なのです。普段は。
そこへ道路工事ですからたまらない。
東名阪から来た車が、この先の渋滞を嫌って、亀山市内のICで降りてきて、国道1号(名阪国道も、名目上このあたりでは合流している)に突入してくると、もういけない。もともと片側1車線の国道1号へ、高速道路2車線分の車が降りてくるのですから、朝のラッシュ時の混乱がわかろうというもの。
通勤に使っているバスなんて、6kmの距離を1時間掛って走ります。

となると、国道1号に併走するはずの新名神自動車道のことが気になってくるところですが、
その新名神(第二名神)のことで、ブログ代替案さんで興味深い提案がありました。
道路から貨物鉄道へ転換させよう、との試み。
トラックだけでもしっかり専用の通路を造ってあげれば、我々への影響が減る。
一方、つい最近まで自家用車に絡んで起こってきた悪循環が根絶やしできます

自宅付近に自動車専用道が出来る->渋滞が緩和され、車で行くのを敬遠していた時とが自家用車を買う->だれも彼も自家用車を使うから、バスが廃止になる->通勤時に車が集中->渋滞=環境対策として新しい自動車道を造れと運動が起きる->(振り出しに戻る)

うーん、電力会社も敵対的買収せんならんし、この自動車道も鉄道転換のために買い取らないけなし、いくらあっても資金が足りません(苦笑)
スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

興味深く拝読しました。
7年前伊賀を訪ねた。
関西本線は、市電のごとく、レトロに走っていました。
名張に抜けようとして、名阪を横切ろうとしたら、脇にそれて離合も難しい細い道で、道路の下を抜けていくのでした。

或いはその翌年、草津線で何度も乗り換え、四日市まで行きました。
湯ノ山温泉で落ち合った愛知の悪友3人とよっぴで騒ぐためでしたが。
途中はワンマンバス形式の鉄道となりました。

これがそもそも東海道であるのに、一号線はさびしい限りの両側風景と1車線の場所も多く、三重県から観光の帰路は水口から一寸ずりとなるのは宿命とは言え笑ってしまう具合です。

貨物のモーダルシフトは着実の進んでいるかのようで、韓国或いはシベリア鉄道に直結する路線も繁盛しそうという記事も有りました。

もっとガソリンが上がる、ということは道路(ガソリン税というべきか)税をしっかり徴収し、道路に使わず、一般財源化することが、田中角栄の負の遺産の決算にもなるのではないでしょうか?

もっとも地方の首長はみな反対だそうで、嘉田知事jも例に漏れないようです。
このあたりの機微に無知な小生には、ミステリーです。
【2007/11/30 11:15】 URL | 迎 秀昌 #- [ 編集]


みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/mipurofi/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。
【2007/12/01 13:56】 URL | みんな の プロフィール #- [ 編集]

ここには、恨みつらみが(爆)
迎さん、コメントありがとうございます。

三重・滋賀・岐阜の三県境は、別に地形が険しいわけでもないのに、不思議と交通の便が悪いですね。草津線は今にも脱線しそうなくらい揺れますし、新幹線は雪が降るたび停まりますし(爆)

>もっとも地方の首長はみな反対だそうで、
地方の人、とも限らず、日本に済んでいる人って、みんな道路財源の分配に不平を感じているみたいです。「いつも自分の地元が後回しにされている!」と、みんな言います。神奈川に住んでいたときも、大阪市内に住んでいたときも、滋賀に住んでいたころも、増してや亀山でも。
被害者意識なのかもしれませんね。
大津に住んでいたころ、湖西道路は着工後10年ちかくほったらかしにされていた、なんてこともありましたから、あのころは地元住民の憤りは大変なものでしたし。

けれど、そうやって自家用車の便利さにからめとられている、という現実を見落としてはいけませんね。
【2007/12/02 23:49】 URL | デルタ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/423-45e086b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。