ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

路線バスが廃止されます
今週いっぱいで、亀山市内の路線バスが1路線廃止になります。
亀山駅から、国道1号をひたすら西へ走り、鈴鹿峠の麓の宿場町坂下まで走っている路線がそれ。現在マイクロバスの大きさの車両で1日6往復くらいしているのですが、平均の乗客が1人未満、という具合ですから、まあ廃止は予想できたことでしたが。
ただし、放置すると、結構大きな集落である坂下の最寄りの交通機関てのが、JR関駅となり、そこまで約4km歩きということになるので、市役所が代替バス(ただしジャンボタクシーの借り上げ運行)を代替で走らせることになっています。
そこまでならば、まあ、よくある話。
その路線が大きく変るというのを、市広報誌で読んで、考えてしまったのです。

今までの公共交通機関って、誰がお客になると見込んでいたのだろう、と。
現行ルート
JR亀山駅(旧国道1号)太岡寺交差点(国道1号)JR関駅(国道1号)伊勢坂下

新ルート
市医療センター(国道1号の側道など)太岡寺交差点(国道1号)JR関駅(国道1号)伊勢坂下

現在バスを使っている大部分の人は、病院に通っているお年寄り。今は、その人たちに、わざわざ亀山駅前まで出てこさせて、そこから改めてコミュニティー巡回バスに乗り換えて約5km先の市医療センターへ行くという日常になっています。診察を仮に2時間で終えるとしても、ローカルバス同士の乗り換えですから間違いなく、一日仕事になります。体調が悪いとなると、なおのこと気の毒。
……という、市内の事情よりも優先される何らかの要因があって、バスの発着を亀山駅前のバスロータリーにしているのだろう。

民間の自主的な判断です……、という建前はともかく、
こんなローカルバスにさえ、行き帰りで「上り」「下り」を定め、JRのターミナル駅へ向かう方を「上り」といい習わせている、運輸業界・あるいは国土交通省あたりの、ピラミッド構造・中央集権体制の残滓を感じてしまうのです。
スポンサーサイト

テーマ:地方再生 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/424-64ecea5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。