ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四日市の工場鑑賞
「工場萌え」という写真集をこの前紹介しましたが、
その中に四日市のコンビナートが取り上げてあります。
石油化学寄りのコンビナートであるため、煙突などの高いものはないけれども、配管やタンク、あと蒸留塔(チョロチョロ火を噴いているやつ)が延々と7km×0.5kmくらいの面積で続くので、そうとう見応えがあります。
てなわけで、わたしも四日市駅から北東へJR富田浜駅まで海岸縁を散歩してきました。

BGMは、ZELDAの初期の曲「ウメタテ」……もう忘れられているような曲だけど、
「遠い島に住む若いキリンの群※」
「浜・団地・工場」
「バスに乗って橋を渡り今日も埋め立て地に行く」
などと、もろに臨海工業地帯を「遊園地」に見立てた歌詞が出てくる曲なのです。


(※キリン:コンテナの積み降ろしに使う、4本足の巨大なクレーンは、確かにキリンに見える。というわけで、”キリン”と普通呼ばれる。正しい名前を「ガントリークレーン」というのを、この本ではじめて知った)。

ま、足取り軽くというつもりだったのですが……。
海岸沿いを歩いた距離4km、あと、川があると河口近くまで歩いたり(本当の河口は、工場敷地内になって入ることができない)、埋め立て地の方へ橋を渡って島の端まで運河沿いに歩いたり、かれこれ8kmくらいは歩いたか?距離の割に疲れました。
初心者だからか、なかなかぐっと来る光景を見つけられなかったけれど、
(1)幅80mくらいの運河を跨ぎ、20mくらいの高さまでパイプを持ち上げた配管の橋、
(2)室内競技場の大きなガラス窓に映る精油所の全景(微妙に歪むのが面白い)、
(3)あと「上野ファインケミカル」の正門から見える配管群の均整の取れ具合
あたりが面白かったかな?

とはいえ、なんていっても、コンビナートの端にある四日市ポートビルの14階展望室(入場料300円)。輸出自動車の積み込みが見えたり、何カ所もある精油所のフラクタル構造が見渡せたり、1時間いても飽きない。

(どうでもいいけど車の積み込みの運転手さんって、船から戻ってくるはずなのだけど、20分くらい見ている限り、降りてくる人影なし。ミステリーですな)

天気がよかったとはいえ、さすがに夕暮れ時には、浜風が寒い。
季節感のない区画とはいえ、やはり冬が来ていました。
スポンサーサイト

テーマ:東海地域情報(愛知・岐阜・静岡・三重) - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント
歌詞訂正
ZELDAの「ウメタテ」、わたしははるか昔にレンタルCDをダビングしたテープしか持っていないので、歌詞は聞いて覚えているだけなのでした……、というわけで、ものすごい聞き間違いがあることが今になって判明。。。

>「遠い島に住む若いキリンの群」
は「遠い島に住む赤いキリンの群」

>「浜・団地・工場」
は「飯場・団地・工場」
が正しい詞です。
【2007/12/12 23:29】 URL | デルタ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/428-bd0a7598
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。