ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

……なんてことになってはいけませんから
どうも、鬼畜で感情もコントロールできない、裁判員失格のデルタですって、ナンデヤネン。始まってもいない制度をだしに、妄想しただけなのに、自虐ってるよな~(苦笑)

とはいえ、そんな仕儀になってはいけませんから、やはり感情に走りそうなときには、一呼吸置きましょう。

思うに、あの種の法廷で「死刑を要求します」といっている遺族の方も、理性で「そんなことされたって、気持ちが収まるわけでもないんだけど」と判りつつも、感情としていわざるを得ない、という面があるのでしょうね。

激情的な憤りにも、「劇場性」というものがある。仮にそれを計算せずにバクハツしたら、「空気が読めない」と白けられるだけ。

「社会的に期待された激情」……?
一見矛盾した、心理的な現象が、あちこちで見られるようになってきてます。

 ・「北朝鮮拉致被害者「奪還」せよ」
(「奪還」といっている時点で、実は方法論として破滅的でない?「犯罪捜査」なら早くやるべきだけど)
 ・「アルカイダへ復讐を」
(ってじつは誰も公には言っていないのだよね。なのに、無言の内にそういう激情を「社会」の方が要求していた、当時のアメリカ社会)
 ・「捕鯨は、日本の固有文化だ。食糧安保のためにも南氷洋捕鯨の解禁を」
(「食糧安保」ってさ(苦笑)嗜好品程度で捕るのだったら絶滅しないけれど、1.2億人の食糧=栄養源として捕りだしたら、日本政府が要求している3000頭/年で済まなくなるし、絶滅してまうがな~)
 ・「滋賀県南部に新幹線駅を」(「ムダな公共事業を嘉田サンが止めた」という言い方も、実は同じ穴の狢)
(確かにあった方がありがたいけれど、出すとすればJR東海のはずやろう?公共事業になるのが変なんやン)


このように、一呼吸置くと、論争がなんとポンボケかと、苦笑せずにいられませんね。
気ぜわしい師走、けれど、この種のクールさを忘れないようにしましょう。
スポンサーサイト

テーマ:捕鯨・反捕鯨問題 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

しつこく南びわこ駅ですがね。

JR東海は嬉しそうに?賠償金は求めませんでした。
多分、本来の公共事業たる駅前の区画整理事業は、300人ほどの地権者はとうの昔に、一銭の金も貰わず道路などに土地を差し出すことに応じ、農業を止めたり、高くなった固定資産税を払い続けているようです(このあたり全くの素人で、関係者でもありません。正確には不知ですが)。

だから「嘉田知事が止めようとする公共事業は、これから中止の業務に入る」のでしょう。
新駅がない以上、区画整理事業の存続の意義はありませんから、淡々ともとの農地に復帰させるのが解決のロードマップとなるのではないでしょうか。
そして「この事業は栗東市の事業で、県はサポートするだけ」と言い放っている?ようなのですが、この辺民事事件の裁判員制度なんかがあったりしたら、どうなるのでしょうね。
【2007/12/15 16:05】 URL | 迎 秀昌 #- [ 編集]

それじゃ
「大事な居場所で、仲間とかやりがいが在るから地域通貨とかの、アンチ市場主義的な地域活性化プロジェクトがんばってます!」
自分を活性化してるだけやん。
ボランティア(笑)では、どこでもありがちな話ではありますが…
【2007/12/16 11:24】 URL | オケアン #UNSMeN7Q [ 編集]

農地への復帰……
迎さん、こんにちは。
あの土地、すっかり「巨大な草むら」になってしまいましたね。農地にもどす、といって戻るものなのか、私には心配なところです。JR貨物のコンテナヤードでも誘致しましょうか(爆)
【2007/12/19 01:47】 URL | デルタ #- [ 編集]


オケアンさん、こんにちは。

あはは。そういうてしまうと、身も蓋も……(爆)
私は、「ドンキホーテ的な行動」自体は否定する資格がありませんわ。
どんな流行でも、創始者はドンキホーテそのものですから(例、宮脇俊三氏の「時刻表2万キロ」、石井哲氏・大山顕氏共著「工場萌え」など)

とすると、それらと、本文で挙げたものとの境界はどこにあるか、ですが

客観的に見て
「とはいえやらないよりマシ」
であるかどうかだと思われます(爆)
【2007/12/19 01:52】 URL | デルタ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/430-77093229
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。