ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末のご挨拶
みなさま、
私、本日をもちまして帰省いたしますので、これが年内最後の書き込みです。
一年間、コメントを下さった方、陰ながら支援して下さった方々に、心からお礼申し上げます。
って固いことはともかく。

私的には、磨崖仏全国調査が、満願(あると確認できている40都道府県すべてで一個所以上探査・記録した)に達することができ、節目となりました。
その分、山登りや星見が一切できず、心残りでもあるのですが……。
普段語ることがないのですが、この種の調査で認識できることは、
「美」にはいろんな意味合い、「顔」が存在するということです。仏像ですら、近代的な個性美、端正さを追求した美、摩滅という「美」……それぞれが、「日本」という歴史的・地理的文脈の中で、静かに自己主張し、ぶつかりあっています。(作った人たちは、ぶつかり合っている、という認識がないでしょう。何しろ他の村落の仏像を知りませんから……だからこそ、この予期しない多様性が面白いのです)

私のような主張をする者(グローバリストで市場原理主義)がこんなことをいうのは、それこそマンガですが、日本の中にすでに「世界(GROBE)を包含している」のかもしれない、最近そう思うようになったのです。
多数の個性の中に、実は、民族・地理の違いのよる文化の違いを超えるほどの多様性があるのでないのか、と。
だから、みんな自分のことを信じて、楽しくやりましょうや。
投資にしても、○○が儲かる(損する)って目線でなくて、
「誰かのあの味(個性)を活かすには、こういうサービスが必要やな~」
等々、一つの価値感の数直線上にこだわらない、広いバラマキが、結局は誰もを満足させる道につながるのだと思います。

唐突でしたけれど、この2007年、いやここ数年、
「誰かの存在・価値(観)を引きはがし貶めることによって、自分を正当化する」もののいいようが蔓延りすぎました。
だからどうも息苦しかった。。。

みんな試行錯誤しながら、お互いがお互いの持つ「世界」のパーツとして働きあう、
そんな仕組みを模索しながら、また来年も、
興味本位に
国内を探査・取材して回りたいと思っております。
あ、そうや、国内だけでなく、GWに韓国も行きます、磨崖仏を探査するためだけに(爆)

というわけで、皆様よいお年をお迎え下さい
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/436-95c2ba0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まさかの骨折

メリークリスマス・・・・ 実は・・ 今年はクリスマスから1月6日までのロングバケーションを予定しておりました。2007年はそのために1年働いてきたと言っても過言ではありません。 ... 湖北庵通信(旧 浦安タウンの経済学)【2007/12/29 22:34】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。