ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小林幸子は偉大だった
紅白を見ている内に退屈して、NHK教育TVのN響の第九に切り替えた。
第九……ベートーベンの交響曲第九番合唱付。この合唱のために、通常100人以上の合唱団がオーケストラと共演する。今回は、国立音大の学生さんたち(おそらくソリストを目指しているような声楽科の人たちなのだろう)が200人以上集まって混声4部唱の合唱団として参加していた。そこに至るまでの合唱団の練習風景が、なかなかいい感じのドキュメンタリーになっていた。

練習が終わったあと、食堂に集まって辞書片手に歌詞の意味を確認する女子、
深夜、寮の部屋に友達とふたり、歌っている最中の表情のチェックをしあう男子。

特に第九の場合「歓喜の合唱」だから、表情に表れるくらいに「喜び」を表現しないといけないのだろうな……、これは私も素人ながらわかる。
合唱指導の先生も、しきりに、「歌詞の内容を考えて!」とコメントされていた。

さて本番(公演1日目の映像なのだとか)
声はしっかり出ている。オーケストラの音に負けていないだけでも、大したものだと思う。が、ホールに空席がないくらいのお客が入ると、緊張してしまうのだろうな、表情が硬い。合唱団だけの練習の最終日の仕上がりに比べると、歓喜度は0.8倍くらいか(どう測ったは、ま、深く考えないで下さい)。

全編が終わり、再び紅白へ切り替える。
小林幸子が歌っているところで、彼女の顔がクローズアップされていた。
チャンネル切り替えるなりその顔だったから、ちょっと退いたが、表情から歌声があふれ出て着る、と表現したくなるほどの感情のこもった歌声と顔。
ジャンルが違う、キャリアも違う
けれど、国立の学生サンたちもこういう歌手を目指してほしいなと思ってしまったのでした。
スポンサーサイト

テーマ:年末・年始 特番アレコレ - ジャンル:テレビ・ラジオ

この記事に対するコメント
TBありがとうございます
もう紅白は長らく見てませんので、小林幸子の勇姿も久しく拝んでいません。そうですか、小林幸子は偉大でしたか(笑)。

確かに小林幸子はプロなんでしょうね。それに、本当に嬉しかったんじゃないですか? また再び紅白の舞台セットになれて(笑)。あれ、きっと小林幸子の生きがいなんだと思います。生きがいを素直に喜べば人に感動を与えられる。幸せですね。

第九が本当に単純な歓喜の音楽なのかどうかはさておき、セミプロの音大生たちが緊張したのは本当でしょうね。プロのオーケストラ等の公演でも3日公演があるとすると、中日がいいなんて言われます。1日目はどうしても緊張が抜けず、2日目には適度にリラックス、3日目はかえってダレるということらしいです。

もし本当に歓喜の第九がご所望なら、アマチュア集団のがお勧め。技術レベルは低いかもしれませんが、小林幸子ばりに歓喜に極まって歌ってくれます(笑)。
【2008/01/12 11:33】 URL | 愚樵 #- [ 編集]


愚樵さん、コメントありがとうございます。
歌うこと自体がうれしい場合と、曲の表情としてうれしい場合と、2種類あるわけでして、
「素」の素人的美しさと、「演技」の玄人的技とのどちらをよしとするかは、考えどころです(苦笑)

もっとも、NHKのセットの一部となるのが、習性であるらしい(……まさか!?)小林幸子サンのばあい、「素」か「演技」か、判然としないほどでしたが……
【2008/01/17 23:26】 URL | デルタ #JnoDGgPo [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/437-e92c48a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。