ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サブプライム危機
確かに、金融商品として「不透明にしてしまっていた」ことは、時代に逆行していた。
その、いわば、「幻影」の真の大きさが読めずにパニックになっているのは、なんとなく理解できる。
また。住宅ローンというものの質上、その焦げ付きが出だしたら、不動産市況(私としては異論があるけれど「実体のあるモノ」)にも影響しだし、実経済へ増幅して反映される、というのもわかる。

が、半年前まで市場を席巻していた、「キモノトレーダー」はどこにいったのか(苦笑)
……結局「キモノトレーダー」すらもいわば象徴で、本当は大口投資家たちの、投機のきっかけなのかもしれない。

ただし、日本の株式がとんでもない安値になっているのは事実。周囲のアジア市場が一進一退なのに対し、日本は十退一進といったところか(今日ようやく騰がったから)。
空前の好況で株価も空前絶後だったはずの製鉄(高炉系)の会社の株ですら、国債よりも高い率の配当利回りになってきている。
というわけで、いったん韓国・香港を手じまい、日本へシフトさせまする。
スポンサーサイト

テーマ:サブプライムローン問題 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/442-1d5f5136
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

どん底の自分を語る

 就職にも。  勉強にも。  夢の実現にも。  恋愛など、プライベートなことにまでも。  公私ともに、あらゆることに失敗・挫折し、ほと... 嗚呼、負け犬の遠吠え日記(新館)【2008/01/12 22:27】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。