ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えい、やっ
下記のように、開き直りといいますか、ヤケを起こしてといいますか、
勢いから、TOPIX ETFと韓国の残っていた株とを、売りの指図を出したのが、昨日の深夜12時を回ったあたり。

その傍らではラジオが、「USAで緊急の利下げがあった。けれども株価が下げ止まりません」と報じていたので、そのまま放置して……
一夜明けると、なぜかアジア市場でその効果が見え始め、寄りつきからの高値。

どうして私の売りは、高値を呼ぶのだろう


USの場合は、減税よりも金利引き下げのほうが、消費意欲を刺激する様子ですね。それだけ消費者がローンに頼っている証拠なのかも。

それにしてもこの円高。現在1ユーロ=153円。ドル、ユーロどちらに対しても、円が強くなる傾向にある。
政治の混乱から日本売りが続いている、と評されつつも、
民間経済の象徴である株価が低下し、社会総体の象徴である通貨が高値に向かっている。
どうも通念的な評とは違うように、外からは見えている様子を感じる。
スポンサーサイト

テーマ:経済 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

誰でも経験する相場の皮肉ですね……
【2008/01/24 16:42】 URL | Lexar #tV7uNBRQ [ 編集]

教訓その1
Lexarさん、こんにちは。
やはり皆さんが大なり小なり経験される皮肉な事態なのですね。

考えてみると逆なのかも、
「我慢強い人が売ってしまえば、後は売る人間もごく少数に限られてくる」のだろうし。

また、USA大統領府の景気対策に無反応だったのも、
あとになって理屈がわかりました。
議会の議席構成のせいもあるのでしょうが、USAの政治体制では、議会がGOサインを出して始めて、その政策が社会的に認知されるのでしょうね。(議会の承認が出たところで、株価が跳ね上がった)

いい教訓になりそうです(滝涙)
【2008/01/26 03:09】 URL | デルタ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/446-5164c3ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。