ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新名神開通
有力政治家なども迎えてにぎにぎしく開業となった、新名神高速道。我が町亀山から、私にとっても縁深い大津市田上まで、約50kmに片側三車線の自動車専用道ができたのだ。(田上は中学~高校のころ毎年キャンプに行っていた場所なのだ)
実のところ、メリットが大きいだろうな、とは、私でさえ思う。本来なら20年くらい前に出来ていてしかるべき道路だった、という、イナカ者特有の恨み言も口から出かかっている。

ネット検索で、BLOG書きの皆さんの意見を読んでいると、賛成(それも無邪気な賛成)に対し、懐疑的な意見は99:1といったところだろうか。
中には、「これで名古屋が近くなる」という滋賀県湖南地方の人の意見もあり、思わず苦笑してしまった。新幹線新駅の時には、反対の理由に「我々滋賀県民にとって名古屋に行く機会なんてほとんどないのだから」というのが散々使われたのを思い出したからだ……。

自動車道は、地元の車に乗る人にとって歓迎できることだ。そして、数百とある候補のうち同時着工できるのがせいぜい10個所であることを考えると、「いつも私のところが後回しにされる」という恨み言を抱きながらの誘致合戦となる。

そう、地域間の嫉妬と格差拡大を呼ぶことになる訳。もちろん絶対的な意味での格差は縮小していくことであろう。けれど、都市部と地方とで互いに、「自分の地元の渋滞地点が後回しにされている」という意識がありつづける限り、私は予言しよう、自動車道路の新設には「永遠に終わりがない」。
なぜなら、車の利便性に関する欲求は、絶対的な基準(例えば「時速60kmで巡航できる」、等々)ではなく、「隣の地域より恵まれているかどうか」という相対的な要求であるからだ(「我が県の人口10万人あたりの交通事故死者数は日本一だ。だから優先的に自動車道を整備して欲しい」等々の陳情が、分かりやすい一例)

そんな状況なのだから、やはり道路整備の財源は減らしてはいけないだろう。特定財源として「しっかり上限を決めて」運用しなければ、キリがない。まして一般財源の枠内で道路を造ることになると、結果的に道路工事の支出が増えると私は予測するのだが、いかがだろうか。
スポンサーサイト

テーマ:時事 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

これでやっと旧東海道の復活でしょうか。
信楽や甲賀を走る時には、ぎょっとするほどズバな道路が天空を跨いでいたのが、いつも印象的でした。
小生は運動神経が劣悪なので、もっぱら一般道を走りますが、それでも渋滞が少なくなるかもと期待しています。
もし新幹線が鈴鹿トンネルを抜ける形だったら、亀山あたりは当然停車場だったでしょうね。

道路についてももっと勉強しようと思う昨今です。
基幹道路はまだしも、昨年君が畑に行ったら、舗装道路が立派に有りました。
まあ木地氏の栄えた頃を思えば当然かもしれない?
補修を考えるといかがなものかという観光道路など掃いて捨てるほどあって、ローマ帝国の衰亡の原因の一端が道路網の補修が負担となったという話がもっともらしく聞こえます。

支離滅裂な雑談になってますが、どうも最大多数の幸福追求の時代から、福祉やら公共事業やら最低限度の生活保障を謳った時代を経て、ついに最近は結局支えきれずにむしろ積極的に小さな政府という流れなったのを受けて、交通網を考えなければならないのかとも。

古代奈良朝の中国式の幅広の基幹道路が、最近琵琶湖南郷洗い堰の傍で発掘されていましたが、まあ新名神はそういう廃れた道路にはならないだろうと思います。

ついでに昔の馬による交通は、維持費はすさまじかったと思えますね。
鉄道網より車と空港の方がいいのでしょうかね。
時間がないのでとうとう何が言いたいか不分明の雑感となりました。
失礼おば致しました。
【2008/02/29 17:26】 URL | 迎 秀昌 #- [ 編集]

迎さん、こんにちは。
旧甲賀郡から、旧鈴鹿郡に抜けるこの道、今昔物語集(盗賊伝説)の時代からの幹線道路でしたから、確かに今なお通行量の多いルートですね。
そのころには、鈴鹿駅(今の関あたりでなかったかな?)があって、乗り継ぎ用の馬も飼っていたはずです。伝令用・荷役の馬を飼うのも、ずいぶんとお金を使っていたことでしょう……。少なくとも、車社会になった現在では、許されないほどの贅沢。駅馬を道路特定財源で飼うなんてやったら、政権が吹っ飛ぶかもしれませんね。

>もし新幹線が鈴鹿トンネルを抜ける形だったら、亀山あたりは当然停車場だったでしょうね。
うれしいお言葉。けれど、こんな甘意言葉に、我々亀山市民は舞い上がって、あげくに商工会議所は、こんな暴挙をはじめるのです!?

「リニアエキ中央スプレス、亀山駅誘致」
……信じられます?この感覚
【2008/02/29 23:26】 URL | デルタ #JnoDGgPo [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/465-adf8a8df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。