ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKラジオの採点簿
何度も書いている通り、自宅にテレビを持っていない。まぁ緊急事態の情報収集用にポケットTVは持っているけれど、よっぽどでないとつけることもなく、ミニコンポで、CDを掛けるかラジオをつけるかしている。しかもそんな生活が、間もなく満20周年になる(祝!)

というわけで、唐突だけど、NHKラジオの番組を評してみようと思う。
全体的に番組の質がいいと思うのは、……実は平日の日中であったりする。めったに聞けないけれど。
特にお昼過ぎの情報番組は、ゲストが多彩だし、健康相談などは本当に役立つものだろう。
あ、そうそう。9時からの番組には、スタッフにどうも「テツ」な人がいるみたいだ。今までに、矢野直美サン、横見浩彦サンといった”大物”が1時間以上にわたってゲスト出演し濃い話をしている(それを録音してまで聞いたワタシって-苦笑)。この現象については、あえて評しない。

繰り返すが、この時間帯はふだん聞かないので、ここではパスとして、平日の早朝~朝、夕刻以降と、土日を対象にしたい。
以下番組の種類別に、お気に入りの番組、困った番組を挙げていく。リスナー歴20年の私からの、モニタ意見ということで、御免あそばぜ(笑)

【語学番組】
今年の正月、英会話習おうかな、といった私の父に、テキストの末尾にある語学の番組表を見せたところ……、「最近ラジオって語学の番組ばっかりやっているのか?」
あはは、大丈夫やって。これはラジオ第二の番組表なんだから。その直後、言語のレパートリー広さ、英会話に至っては実力別に細分化されていることに感心して、曰く。「NHKは、こういう番組作るのに集中したらいいんや!」……同感だなぁ。
(お気に入り)
・徹底トレーニング英会話:体育会系と評されるこの英会話番組。月~土15分ずつということで、語学の番組としては一番の密度の濃さだろう。1週間に接することになる文章の量は、はっきりいって大変!。高校程度の内容とはNHKの見解。だけど、本当か?書き取り(20語程度の文章を3回読み上げる内に書き取る)には未だについていけない。
100%外資の会社に勤めている親戚の女性(私より年下)には、「あの番組では実力がつかないョ」と半分バカにされたけれど(泣)、えーい、黙れ!(号泣)
……ともかく。この番組の何を気に入っているかというと、テキストの連載記事。大津サンという言語学というのか認知科学の研究者が、そちらの方面から「知っておくと外国語習得に役立つお話」というのを連載中なのです。この連載だけでも、350円/月のテキスト代を高いと感じないくらい。

・生活に役立つポルトガル語会話:今年上期聞いてみようかな、と思っているだけで、「お気に入り」というわけでない。けれど、「日本人のお母さんが自分の子供と同い年の子供を持つ在日ブラジル人のお母さんとつきあい始める」との設定が「いかにもありそう」だし、社会的な意義が大きいのでないかな?と思うのです。言うてみれば、私も同じような理由から、この番組を聞きたいわけで……。

・ハングル講座:07年上期のイ・ユニさんの入門編が、いちばんわかりやすかった。発音についての解説、ハングル(文字)の成り立ちに力を入れていたのが印象的でした。
(困った番組)
小倉紀蔵サンのハングル講座入門編:直感的にはわかりやすいのかもしれない。現にその説明の仕方で出版した彼のテキストが結構売れているそうだし。が、勝手に文法用語を作って説明しようとされるので、私はかえって混乱するのです。その最たるのが「コト」。……「動詞+形容詞」のことなのですが、コトといわれると、一瞬「名詞」が浮かんでしまう。

【音楽番組】
(お気に入り)
・音楽の泉(第一。日8:00~):広義のクラッシック音楽を紹介する番組。聴きどころやテーマの旋律をあらかじめ聞かせてくれた上で、全曲をかける、という仕組みで、しかも解説が丁寧。だから漫然とならず面白く聞けて飽きが来ない。ときどき日本の歌曲(山田耕筰とか)もとりあげ「西洋かぶれ」になっていないのも、好きなところ。
(困る番組)
・昼のいこい(第一。月~土12:20~):最初に断るけれど、「悪い」といいたいのでない。選曲がカオスでクラクラするのだ。今何故に、何を基準に、この順でこれらの曲がかかるのか、考えるだけでクラクラする。謎の深い番組。
・歌の日曜散歩(第一。日10:05~):一言でいって、予定調和!固定ファンには心地いいのかもしれないけど、10年1日という言葉がどうしても浮かぶ。

【ラジオドラマ】
(お気に入り)
・サウンドアドベンチャー(FM):効果音が凝っている、また、原作がしっかりしていて、きっちりドラマとして成立している。内容がマニアックなため、年齢的には卒業してしまったけれど、この空気恋しさに時々聞くことがある。
(困る番組)
・歌謡ドラマ(第一。月21:30~):昔演劇の夢に遥か及ばなかった私ですら、この演技はクサイな、と思う。声優さんのせいもある。けれど、1つの歌謡曲に合わせようとするので設定に無理がありすぎ、しかも予定調和に終わるという点で、台本がもっとも問題かも。

【バラエティ番組】
NHKラジオの一番苦労している分野なのかも、上の時間帯では「うまい」といえる番組がないのだよな……。そんな中で唯一のお気に入り。
・かんさい土曜ほっとらいん(第一。土13:05~)
「ぼやき川柳」が、肩肘はらないいい感じ。失笑する作品も多いけれど、ものすごい切れ味がある作品が週1作は必ずある。(例:「真っ白なハンカチ 彼は 母と住む」)。かつてイケイケ娘だった千堂あきほサンが、これまたリラックスした雰囲気を楽しんでいるというのも、心地いいんだよな……
(同い年で、彼女のデビュー当時を知っているだけに、オバチャンになったな~、--お互い様か。と時々笑うこともある。あっとついでに、彼女がこの番組でさりげなく話していた不妊治療のこと、実は結構深刻なことだったと知って……、ご無事に子供さんが生まれることを願う今日この頃)

【ニュース番組】
評しはじめると長くなるので、お気に入りの順に並べるだけにする。基本的に解説が簡潔で的確、というのが好きな私。
・NHKジャーナル(第一。月~金22:00~)
・7時のニュース(第一。毎日19:00~)
・ニュース朝一番(毎日5:15~8:30)
・NHKジャーナル(第一。月~金18:00~)
スポンサーサイト

テーマ:オススメ!番組!! - ジャンル:テレビ・ラジオ

この記事に対するコメント

音楽の泉は、4月からはTBSが「サイエンス・サイトーク」の後継番組として放送するそうです。
【2009/02/26 03:16】 URL | 杉田平和町 #x4qr718s [ 編集]

番組改編期……
杉田平和町さん、情報ありがとうございます。

音楽の泉 のTBSへの移行

まだ番組中での告知はないですよね。
けれど、珍しい例ですね。

ところで、首都圏はTBSでいいとして、
三重県ではネットしてくれるか、

個人的には、関心はそちらです(苦笑)
【2009/03/01 08:20】 URL | デルタ #JnoDGgPo [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/474-b6304db5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。