ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

争乱で殺される命の周りにはどれだけの人の思いがあるだろう
だれだろう「私」の命を、道具にしようとする人は。
~~~

かつて-湾岸戦争のとき、フセインはカミカゼアタックの指令を下し、そうして死んだ兵士を、賞賛した。
この週末には、チベットで数十人とも何十人とも言われる人が騒乱の中で死んだ。

ミーイズムの極致と非難されるだろうけれど、
「私」は、-人に指図できるような器でもない「私」は、真っ先に「敵」の前に立ち、真っ先に死ぬことになるだろう。そう考えると、「大義」など、嘘に聞こえてしまう。

とむ丸さんがこう書いておられるのに、何かほっとした。

  17日の朝刊を見れば、毎日の第1面が「ラサで80人の遺体」で東京新聞も同様のようですし、朝日は「争乱イラク 夫奪った」。BBCニュースやアルジャジーラのフロントページはやはりチベット問題。昨年はミャンマー問題が世界を揺るがしましたが、その他、日本のメディアに報じられていない紛争とそこで生じる無数の死が、現在も進行中。 21世紀になって、どれだけの血がこの地球上に流れたでしょうか。 今私の身近で、ふ...
争乱で殺される命の周りにはどれだけの人の思いがあるだろう



チベット人のある特定の「私」が、チベット仏教を信じるか否かを選べる、実はそれこそが「信教の自由」。政治に関して、思いの丈をぶつけることができること(受け止める用意のあること)それこそが「自治」……そこに、「民族」や「宗教」の介在する余地がないだろうに。
政祭一致の旧体制でも政治が宗教をコントロールする現体制でも、どちらに転んでもうまくいかない……、
その閉塞感が、チベットの行き詰まりの正体では、ないのだろうか。

最後にチベットに住む人へ、そして取り締まる側の武装警察の人たちへ。
「うまく立ち回っているつもりでも、次にそぎ落とされるのは、あなた達自身ですよ!。敵を見誤るな!」
以上、約500年前俗権力と結びついていたために、破壊され尽した日本の天台宗の、1信者より。
スポンサーサイト

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント
ありがとうございました
何かちょっと恥ずかしい気がしますが、そんなに感じていただいてうれしい限りです。
それにしてもイラクばかりかパレスティナ、その他の争乱の地で呻吟する女性や子供たちのことを考えると、たまらないですね。
【2008/03/19 09:41】 URL | とむ丸 #rZtJR6xo [ 編集]

世界に「戦後」が来ない
とむ丸さん、押しかけまして、どうもすみませんでした。

世界には、なおも戦後が来ない……。
絶句してしまう現実ですが、
……諦めきれないところです。
【2008/03/21 23:50】 URL | デルタ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/475-ab028aa2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。