ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落ち着いて考えよう
どうして日本の道路建設費が高いのかを。

3~4年前、何の週刊誌だったかで、北海道道東の原野と東京近郊との自動車専用道の建設事業費を比較していたことがあった。

確か、1:20だったか1:30に及ぶ大きな差があった。

道東だから特に建設費が安くなる理由もないだろう、とすると、
実は自動車専用道の「建設事業費」と大枠で言われるものの、内訳は、
「建設費」の占める割合なんて下手すると1割以下、ということがわかる。

なるほど、日本の道路建設には異様にお金がかかっていて、自動車を使う人たちの不満もわかる。
が、その内の建設費(と建設に伴う、調査費……云々)が占める割合はこの程度だとわかったら、どんな顔をするだろう。
よく言われる天下り外郭団体のウワマエをはねるといっても、いったところで、その狭義の建設費にONされているわけで(道東の工事だからと、外郭団体が遠慮する理由もないし)、
つまりは、想像がつきますね、「用地買収費」というコスト上の親玉がいるということなのだ。

そのあたりは、最近話題になっている佐世保道路がわかりやすい。米軍住宅の立ち退き費用で、1軒あたり2億円だったかが動いたとか。

そして、この買収費には、どうしても不透明になる要因がある。
言葉が悪いけれど、「ゴネ得」という面があるからだ。
そして、いろいろなコネを用いてさらにその額に上積みされていく……。
(さらにいうと、その種のコネを沢山持つ人ほど、「能力の優れた人」と囃される面が、日本にはどうもある……)
ちなみに、私の父は、某公益系の民間会社で働いていたけれど、勤めを辞める最後の数年、この種の用地補償の仕事もしていた(京都市内某所、1980年代後半とだけ書いておく)。
その際、色々な「コワイ人」の相手をしなければならなかった、という体験談を私はよく聞かされたものだ。

この全国民的な暗部……、国会議員さんに切り込めるかな?(悲しき冷笑)
スポンサーサイト

テーマ:道路特定財源の一般財源化 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/487-9d4f5d5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

市場原理主義、一億総負け組化が進むほど日本は外国に頭が上がらなくなる!?:その2

 前回の続きです。  外国の横暴や理不尽に対して、日本の政府や大新聞などのエリート層が言うべきことも言えない。  そのようなあまり... 嗚呼、負け犬の遠吠え日記(新館)【2008/04/05 22:08】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。