ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月下美人ライブ(京都市・わからん屋)
彼女らのライブを見るのは、1年半ぶりくらいだろう。
田中宗彦さんというギターリスト(インスト)とのタイバンで、出演者の計3人は年男と年女という、大人な雰囲気で始まった。
となると、必然的に客層もわりと高齢。20歳代の人はいなかったのでないだろうか……。

田中宗彦さん、この「わからん屋」で何度か顔をお見かけしていた。ギターリストだとは知らなかったのですが……(苦笑)さすが、36歳ということあって(と月下の2人に気を遣ってトボケテミル)、音が若々しいと感じたんですね。エレアコのギターを使って、ネックの範囲内で弦を叩いたりはじいたりして、幻想的な曲を演奏したりするのが、とくに感覚の若々しさを印象づけられました。

MCでの勤務先の「生協」ネタには、笑ってしまうやら、頷くやら。
ここで一言、「生協の餃子だからって、産地を確かめずに返品しないでください。ゴミが増えるだけです」……ネェ!?(爆)

月下美人。2バンドの夜の割には、たっぷりやって貰えました。
寸前で田中宗彦さんが、ボーカルのカナコさんを「(飲むと)オトコマエな性格」と形容してましたが、
確かに、中性的というのか、「両性具有」的なイメージがだんだん強くなってきてます。「カワイイ・繊細な」詞がありつつも、歌い方が骨太。おまけに、砂漠が見たいと、今年の1月にモロッコへ単身出かけてきた、と、あちらの旋律を取り入れた曲も演奏してみたり……。
ベースのタマキさんは、足につけた鈴を使うのが、すっかり板についてきはりました(もう2年になりますかね?)どこか孤高なカナさんと対照的に、数々のバンドを掛け持ちする「職人」になってきてはります。
そんなタマキさん、カナさんのソロ活動予定を紹介するときに、
「カナちゃんは、ひとりで、ひとりで、……ひとりで、出演です」
と軽口な毒舌(爆)

全曲聞き終わって、やっぱり、このふたりは「オトコマエ」だと思ってしまった。
15年以上、歌い続けているゆえの骨太さ、といえばいいのか。

アンコールで、田中さんと3人で、ちあきなおみサンの曲(「祭りの花を買いに行く」)をやっていました。
不思議としっくり来る。月下美人のルーツって、案外とあの種の歌謡曲にもあるのかも……。
スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/503-30f11e2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。