ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国でシビルミニマムを考える(磨崖仏海を渡る-韓国編 こぼれ話1-3)
何の変哲もありませんが、
写真は韓国のポストです。Geongju(慶州)市役所の南西角の交差点で撮影したもの。
郵便ポスト


この町は、奈良みたいな町。奈良と同様に20万人くらいが住んでいる、この地域の中心都市です。その市役所の前にも、当然ながら郵便ポストがありました。

投函口の下に、
「16:00」と時刻が書いてあり、
その上と横にはハングルでなにやら書いてあります。何々……?
直訳すると、こう書いてあります。

「郵便物を収集しに来る時刻表
 平日 16:00 土曜日・休日 集めに来ない」

収集時刻、と書かないあたりに、漢字を使わなくなって同音異義語が多くなってしまったことへの工夫が見える。だが、四文字熟語より、こうして文章にされたほうが、丁寧な感じがするのは、私だけだろうか?)

そう、人口20万人の都市の市役所前の郵便ポストが、1日1回の回収なのです。しかも土曜・休日には収集しない、と堂々と宣言しています。
皆さんの身近にある郵便ポストは、どうでしょう?たぶん1日2回ですよね?駅前とか市役所の前とか、市街地の公共施設なら日に4回なんてことも希でないでしょう。

ご存知の通り、韓国は郵便局が国営のままです。しかも、一般の郵便物の料金も日本の半分くらい(葉書160Wなど……もっとも他の物価も安いし、そもそも賃金が安いので、今の為替レートがWEON安なのだ、と結論した方がいいのかも。旅人の感覚では、100W=14~15円くらいが物価の実感に合うレートである)。
……その代償が、1日一回の収集、というわけでしょう。
「誰にとっても気にならない価格で、最低限のサービスを政府が保証する」
シビルミニマム、というのは、こういうシステムを指すだと私は思うのです。



日本の公共サービスはどうも、「低負担中程度サービス」というアンバランスに陥っていると、私は異国の地で考えたのでした。
スポンサーサイト

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/511-5fd40418
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。