ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K~(磨崖仏海を渡る 韓国編さらにこぼれ話の2)
実際に韓国の人が使っているコトバに接してみて、
もっとも驚いたのが、擬態語の一つ;日本語でいえば、「ずーっと向こう」という場合の”ずーっと”に相当する語だった。
「K」の子音部分をそのまま延ばし、喉を鳴らす音です。これ、ハングルに表すとき、どんな風にしているのか、興味があるところ。(笑)
Jeomra道でもGyeongsang道でも、比較的年配の人が使っているのを聞いたのですが、南部の固有の”音”なんですかね?
スポンサーサイト

テーマ:韓国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/522-a9f35382
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。