ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釈迦生誕日(磨崖仏海を渡る韓国編 こぼれ話その1-5)
石仏めぐりをしていると、お寺にも沢山行くことになります。
すると、行く先々で、造花や提灯が飾られていてにぎやかなのに、面食らいました。
お釈迦さんの幼形像が、「天上天下唯我独尊」といっているあのポーズが、提灯には印刷してあって、「ああ、花祭りの季節なのだな」と納得。
つまり、韓国の仏教界は旧暦でお釈迦さんの誕生日4月8日を祝うわけでしょう。
国の祝日にもなっているくらいですから、お寺以外でも、飾り付けを見かけます。

Gyeongjuだと、
市役所前のメインストリートでも、
生誕祭の提灯

Seokkulam(石窟庵)でも、
石窟庵遠景

Namsan(南山)頂上近くの上禅庵でも
華やかな祝祭を待つばかりでした。
スポンサーサイト

テーマ:韓国旅行 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/526-334e3ca1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。