ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発をめぐる構造的な問題
非常に憂鬱になりつつも、
こう宣言しないといけない。
「原発産業はもはや斜陽である」と。

三箇所の原発の点検時に、18歳未満の人計6人が、放射線管理区域内での作業をしていたとの届け出があったとのこと。
これ自体は、形式的犯罪とも言えるし、会社側からしかるべき機関へ届けているわけで、酷い話ではない。

問題は、これだけ失業率が高い環境下でも、年齢偽称させなければ作業員の人を集められなかったことだろう。
ついにここまで来たか、と感じるのだ。

私が出た学科には、放射線計測学や、核物理、あるいは高温プラズマ工学の講座があって、実は原発関係の職場への求人があった。というのに、専攻していた人を含め、そちら方面へ就職する人は、前後3年くらいいなかった。
「国が一生懸命やっているけれど、こんなアブナイもの産業として持たないよ」
と恐れをなして、就職しなかったのだ。
このあたりは、かつていくつかあった原子炉工学科で、さらに顕著だったという。
20年くらい前から、業界へ就職する人がほとんどなくなり、
ついで、原子炉工学を専攻する学生さんも減り、やがて、日本国内のこの種の学科は、全面改組されたはずである。

専攻していた学生にさえ、就職先として敬遠される
この姿は、斜陽産業と呼ぶのにふさわしいだろう。

そうして、原子炉のことをよくわかっていない、若い一見さんの労働者に現場が占められるようになってきたものと考えられる。
炉内での作業は、労働というより、「時間の切り売り」である。その非人間性は、かつて内橋克人サンが告発されていたものである(1980年代、1986.9.15『原発への警鐘』(講談社文庫)など)。そこには、下請構造と法律と地域社会の排他性により、産業構造に組み込まれた「使い捨ての原発労働者」の姿が告発されていた。
内橋さんをはじめとして、「格差社会」を告発する人たちに、この際、お願いしたい。

多層的な下請構造に象徴される、「格差社会」は高度経済成長期からすでに、この国の少なくとも原発産業において確固として存在していたのだ。当局から業界からそして世論から「必要悪」と目をつぶられながら。
この種の日本的もたれ合いの構造や村八分的な発想を打破することではじめて、「格差」が少なくとも法律上無くすことができるのでないのか。
……あなたがたのしようとされていることは、下級の階層を無くすことではなく、その階層を温存しつつできるだけ少ない人数にとどめようとしているだけに過ぎないのでないか。

それでは、永遠に格差は無くなることがない
スポンサーサイト

テーマ:ワーキングプア(働く貧困層) - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/532-f5647ad8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【貧困】についてブログや通販での検索結果から見ると…

貧困 をサーチエンジンで検索しマッシュアップした情報を集めてみると… 気になるワードを詳しく検索!【2008/06/05 05:14】

日本の格差社会の行き着くところ:プレカリアートとロハス

Michael Cさんという知り合いの方が、最近の「新ニッポン人」と呼ばれる20代の若者がお金を使わないということを紹介した番組があったこと... カナダde日本語【2008/06/09 23:42】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。