ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100万人のキャンドルナイト(亀山)
夏至の一夜にライトダウンし、ロウソクの灯りですごそうとのイベント、
この亀山でも、いや”ロウソクの亀山”だからこそ(爆)、麗々しく行いました。
とはいえ、梅雨空です。今年は雨にならなかっただけマシだけど、
う……ん、蒸し暑さも堪える。
夕涼みのイベントにはちょっとほど遠いのが、毎年のことながら困ったところ。

最近はご無沙汰してしまってたけれど、ときどき顔を出している「坂下星見の会」も
共催者の一つだったので、
ふらっとお手伝いに顔を出しました。
お城の脇にある400mくらいの商店街のアーケード(歩道)に、計2000本並べました。

これくらいの規模でやるのが、つつましくていい感じになりますね。大都市でやっているような、お祭りにしてしまうと、かえってエネルギーの浪費につながりそうだし、だいいち疲れる
亀山に移り住んで3年あまり。すっかり、人混みが怖くなった(苦笑)

関連イベントでは、室内楽(弦楽四重奏)、省電力のための照明への工夫、夏の星空、CO2排出に関する講演。


ところで思い出したのですが、
室内楽をロウソクの灯りの中でやるのなら、
一度聞いてみたい曲があったんだ。

ハイドンの交響曲45番「告別」
だいぶん昔に、Daichiさんというクラッシックに詳しい方に教えてもらって、題名だけは忘れられない(この人とは、SWAYのファンのイベントで出会った)。だが、まだ公演を見たことがない。

最終楽章で奏者が自分のパートを終えると、目の前のロウソクを消し、椅子をたたんで退席していく。最後には、弱音器で音を抑えたバイオリン2人だけが残って、ひそやかに終わる、そんな演出をしている曲だ。
……たしか、もともとの楽譜では「椅子をたたんで持ち去る」という指示があったのだけど、今ではロウソクを消す、だけになっている、とかいう話だった。

なぜこのような演出を入れた曲を作ったか。

ハイドンが彼の楽団とともに、ハイドンのパトロンの貴族に従って保養地に滞在していたときのこと。
滞在が長引き、彼(貴族)に音楽を聴かせる役目の楽団のひとたちも残る必要があったのだが、あんまり長引くと、自分たちの音楽活動が停滞する(ようは「音楽家としての”出世”の機会を逃しかねない」)……そんな風に考え、ウィーンに帰りたがっていた。
ハイドンも責任を感じて、楽団員の思うところを暗示するように、この曲を作った。

……ロウソク照明の時代にさえあった、首都を離れることへの恐怖。
ヨーロッパのしかも近世……まだ形式的にはローマ帝国が残り、小公国が乱立していたような”権力が分散していた社会でさえ……、都市がそれだけの引力を持っていたとは。

ロウソクをかかげ、古きよき時代にもどって、
心静かに”小国寡民”の楽土を実感できても、
やはり、都市は絶対的な威力を持っている事実を知る。
ああ……。
スポンサーサイト

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/543-d69f6695
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。