ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ガソリン180円/リットル」に狂奔
2ヶ月連続の値上げですから、ま、ニュースになるのはわかるのですが。大騒ぎしすぎと私は思うのです。

そう書くと、2種類くらいの反論を受けそうと私も知っています。
けれど、私からすると、それらの反論は「クルマを乗り回したい人が自己正当化しているようにしか見えない」のですよ。

(反論1)物流費の高騰につながり、国民全体に値上げの影響が及ぶ
物流費といっても、より石油を使わない手段へと物流がシフトするわけで、石油の値上がりがそのまま反映されるわけでない。大体にして、ここ10年くらい物流への経費を極端に絞ってきたわけですから、物流費を引き上げたところで10年前とさして変らないレベルになると私は考えます。……今までトラック物流と空輸が安すぎたわけです。

(反論2)田舎ではクルマを使わないと生活が成り立たない
ははは、じゃ、私はなんなのさ!!
1時間に1本しか来ないバスに乗って通勤しているし、新聞を買ったりガス代金を払いに行くのにコンビニへ行くのにも20分くらい自宅から歩いていく、慣れればそれもフツウに感じてしまうものです。
大体にして、そういってみんながクルマに乗るから、公共交通機関が廃止されていくのです。それらの会社も儲かる(黒字の見込みが立つ)ならば、バス路線を増設したがります。
私の通勤で使っているバス路線は、一日100人くらい使うだけですが、黒字だと聞いています。手元で概算しても、損益の分岐点は119人(月~土の乗員)あれば採算が取れると出ました(詳しくは後述)
たった100人ですよ、ちょっとした事務所が3つも揃えば、通勤客だけでこの人数に達することでしょう。その通勤客だけ乗ってくれるだけでも、中型の車両で1日15便出しても採算があう。資本主義の原則からして、儲かるとなったら進出してきます。……しかも地方のバス会社はジリビンで困っていますから、飛びついてくれますって。

どちらも結局、クルマに乗りたがっている人がスケープゴートにつかっている言訳に過ぎない、私はそう結論している次第です。

底辺に生きて「希望がない」、と宣った赤木サンでさえ、「自家用車が必要」と思いこまさせられている。必要ない、というのは、私の日常生活が証明しているというのに。また、5年に1度買い換えるとして、月2万円は確実に負担増となるというのに。

どうしてそこまでして、自動車関連産業を国民が儲けさせようとするのか、私には、なんとも腑に落ちない。

付録
【バスってのは、1日に120人も乗れば黒字になるのさ】
という概算推定……。

モデル路線の設定
路線の距離 片道7.5km
所要時間 往復30分
便数   15往復/日
燃費 3km/リットル
軽油価格 130円/リットル
運賃 300円(片道)

1年間で要する費用
車両の減価償却   200万円
燃料費       400万円
運転手さんの人件費 1000万円
計         1600万円

この費用を、民間企業の営業日での収入のみで確保するには、
(民間企業の営業日数を225日とする)

一日あたり7.1万円の収入があればよい。
7.1万円の運賃収入を得るには、
往復の運賃600円で割って、119人の利用者がいればよいことになる
スポンサーサイト

テーマ:物価がおかしい - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/546-b4898f80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。