ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中央州経済週報(~7/4)
先週末(7/5)の中央州中央銀行・闇の総裁の経済情勢見解でございます。
まずは、中央州株価指数(MANNAKA’S)の発表から。

          6/27  今週末
MANNAKA's 13335.14  1238.31
TOPIX     1356.74  1297.88
(※お断り。構成する会社は、この4県に本社を置く上場企業のうち時価総額順に撰んでいった30社。指数は、時価総額の加重平均で算出して、5/30終値を1408.14(TOPIXと同じ値)にしました。
当然のことですが、この株価指数の知的財産権は、デルタに帰属します。またこれらの個別株やこの指数での運用を、勧めることを目的としておりません)


どうもイヤな気配がする。
ここ1~2週間、ほとんど世界中で株、債券ともに値下がりしているのが。
しかも、どこか特定の場所で先行き不安が走って、その下落にオツキアイして下げているというのだったら、私も安心するのだが。実際に起きている事態は、世界的に広がる希釈された、物価高といったところだろうか。
インフレというほどの物価上昇が顕在化しているのでもない。しかし、インフレの種は、世界中にまんべんなく存在する。
物理的・化学的汚染物質ならば、希釈廃棄は非常に有効な手法であった。
しかし、この種のリスクは定量化できない。だから量を面積で希釈しても、不安が減らない。リスクへの反応は、リスクの濃度に比例せず、リスクへの不安度と正の相関を示す。

だから、この種のリスクを透明化する努力が必要だと考えている。
スポンサーサイト

テーマ:経済 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/548-16421e1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。