ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉の事故「X時に持っていくから」
昨日の夜、職場で起きた言葉の事故……意思疎通の失敗。

ある商品の試作品を組み立てていた私たち2人に、課長氏がやってきていった。
「それを明日朝X時に持っていくけど、間に合うよね」
その時点で21時前。けれど、組み立ての残り作業は30分弱と見込めたから、
「間に合いますよ」と安易に答えた私。
課長が言った時間は確かに早いが、普通に出社してから1時間は余裕があるから、今晩中に組み上げて、明日梱包と輸送車への搬入すればよい、と踏んでの答だった。
そして約30分後、終わったね~と若い相方と「お疲れさ~ん」なんてやっていると、また課長氏がやってくる、……ずいぶんと心配そうな顔をしている。
「まだ梱包を終えてなかった?明日朝X時に持っていくのだから、車に積むところまで終えといて」
「え?X時に搬出ですよね」
……いやな予感が頭をよぎって、私が聞き返す。
案の定、答えはこうだった。
「え、違う違う。X時に先方へ搬入だから、7時には車を出さないと」
というわけで、昨夜は23時まで残業となってしまった

「持っていく」という言葉がアイマイだったから、こんな疲れる誤解を生む。
言葉は的確に選ばないと。
スポンサーサイト

テーマ:( ´ー`)y-~ ふー - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/562-3e042f13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。