ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不安ばかりは、合理主義でもどうにもならない
身内にサリドマイド薬害の被害者がいる。
外見ではごくごく軽度に現れる程度だけど、
自律神経系や内臓へも影響が及んでいるらしく、しかもその人自身が中年の域に年齢が入り始めて体力的な衰えを自覚しているせいもあって、
あのサリドマイドの悪い影響が出だしているのでないか、と不安がっている様子が、私にも見える。

「サリドマイド薬害」、皆さんはどの程度ご存知だろうか。
(この機会に、ぜひとも一度当時の報告書などをひもといていただきたいと願う)
発生自体は、かなり前の話になったので、風化はある意味仕方ないことと、私自身は思っている。
また、政府の対応が大幅に遅れてたことには、今となってはあえて言挙げしないでおく。
(当事者でないからそういえるのだ、というご批判は甘んじて受けます)
しかし、先例のない症例がでた薬害であり、永遠にこの薬害の被害者は、新しい問題を克服していく必要がある。
内臓の件も……実は医学界では、サリドマイドと特に関連づけて議論されていない、薬害とは関係ないのかもしれないが、実際に薬害を受け障碍者と認定されている、その人たちにとっては、いい知れない「不安」があって、心の平安はなお来ていない。

そこへ、薬事・食品衛生審議会の部会で解禁の結論が出た。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080827-00000046-mai-soci
これに対しては、財団法人いしずえ(被害者支援団体)は、「体が引き裂かれる思い」とまでいい、苦渋の決断だったと表明しているのだ。
 実際、いしずえの総意として何度か解禁反対の決議を出し、薬事当局へ表明してきた。

「薬は、量や処方によって毒にも成りうる。医師・薬剤師が気をつければよいのだ」
「医師が十分な説明をすること」
なんと正確な、冷静な意見だろう。そして、身内に被害者がいなければ、私もまったく同じ意見だったろう……。

医師・薬剤師に本当にそこまでの注意力があったなら、たとえ厚生省からのストップがなくても、あの時期にはサリドマイド(「イソミン」)を処方することはなかった。
(ドイツの医師レンツさんの警告は、民間ベースでは結構早い時点で伝わっていた。発売元の(旧)大日本製薬の研究者がやっきになって火消ししていた、という状況がS36年頃。これ以降に日本での被害者がさらに増えている)

彼等の不注意を責めているのではない。人間の注意力というのに限界がある、といいたいだけだ。つまり軽度の過失が問えるかどうか、というレベルの話だ。現に裁判の記録を見て頂いてもわかるけれど、医療現場での過失責任は問われていない。私はそれを是としている。

しかし、道義的な責任に似合うだけの支援が、
医学界や薬学界から得られているとは、私は思わない(もちろん献身的に支援くださっている数人のお医者さんや、大学医局があることは私も知っているし、陰ながらだけど感謝している。が、不思議とこれらの発生現場となった産科の方とは関わりが薄い)
いしずえの運営費にしても、政府と製薬会社からの和解金の一部を基としている。
被害者の方たち、支援の現場の方達が、この問題をどう思っているかは私にもわからない。
これは、あくまで、身内に被害者を持つ1人の理系の職業人(光学系技術者、すなわち門外漢)としての、「気持ち」だ。

……そう、すべてが気持ちの問題なのだ。
気持ちだけで議論したら、双方にとって理不尽な意見のぶつけ合いになるだろう。
客観的に社会益の大きい 骨髄腫治療を妨げることも、本当は許されることでない。

それでもなおかつ、気持ちの問題だからこそ、折り合いをつけるのが難しい
それも、いつわらないところなのだ。
スポンサーサイト

テーマ:医療と行政 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント
追記
自己レスです。
実は、サリドマイド薬害の場合とほとんど見分けのつかない胎児性奇形がまれに起こることがある。偶然なのだけど、上記の「身内」の住んでいる近所に、その症状を持つ子供さんが1人おられたという話を聞いたことがある。
その人たちには、障害者年金が出るだけで、医療的な支援がまったくない、とのことで、
……私もいまだに、割り切れない気持ちを持っている。

一見、リバタリアン的なものの考えとは、大きな矛盾をきたす事象ではあるのだけど、
私にとって、社会のことを考えるときの、社会における「弱者」の本当の姿を考えるときの、原点になっている……。
【2008/08/28 00:58】 URL | デルタ #- [ 編集]


己の無知さ加減を暴露しますが、「おてての無い」のが、この薬害にあわれた人の特徴かと思っておりました。

反省…
【2008/08/31 22:39】 URL | カラテカ #- [ 編集]

一般の方にとってはそうでしょうね……
カラテカさん、こんにちは。

映画「典子は今」が有名でしたから、こういう印象を持たれるのは自然なことでしょうね。
があの映画でも出てきた通り、腕がないのは、奇形の腕を残すより切断した方が、との判断が現場の判断としてなされた結果なんです。

ドイツでの記録映画を見るかぎり、
あちらでは、大人になった被害者が長さ20cmくらいの腕をなんとか使いこなして生活している例が多いようです。
【2008/09/03 00:49】 URL | デルタ #- [ 編集]

3年後の追記
>内臓の件も……実は医学界では、サリドマイドと特に関連づけて議論されていない、薬害とは関係ないのかもしれないが、実際に薬害を受け障碍者と認定されている、その人たちにとっては、いい知れない「不安」があって、心の平安はなお来ていない。

執筆当時、こう書きましたが、2010年から被害者支援団体で、内臓や血管の異常について実態調査をはじめたとのことです。
因果関係を立証できるかまではともかく、何等かの対応が必要なレベルのようすです。
【2011/10/26 20:33】 URL | デルタ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/571-4b1de0e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

派遣労働者を組織すると、500万票の組織票が出来上がります。

組合員 : 約670万人。日本労働組合総連合会(にほんろうどうくみあいそうれんごうかい、英語: Japanese Trade Union Confederation, \"JTUC\")は、日本の労働組... 巨大派遣会社と戦うドンキホーテのブログ【2008/08/28 06:59】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。