ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鶏口牛後
【ソウル18日聯合】韓国証券市場が英FTSEの指数による国別分類で先進国市場に編入された。

1年以上前から話題になっていた、韓国市場の最大の買い材料、先進国指数への繰り入れが、今日発表された。わりと大きなニュースのはずなのだが、あっけなく報じられている印象が……。
だいたいにして、FTSEの会長サンがソウル訪問まではいいとしても、
証券取引所で記者会見、……それだけ?(苦笑)

http://japanese.yonhapnews.co.kr/economy/2008/09/18/0500000000AJP20080918000900882.HTML
この記事にある通り、エマージング指数対象から、先進国指数対象に付け替えるとの検討は、05年から行われてきてた。
あくまで噂だけど……、エマージング指数の中で池の中の鯨と化していたKOSPI(ソウル株式市場の指数;MSCI エマージング・マーケット・インデックス・ファンドによると寄与率約12%!)が、なぜ入れっぱなしであったかというと、左派政権が続いていたから、なのだそうで(爆)、じゃ、どうしてオーストラリアが外されないの?とチャチャをあえて入れませんけど

が、このニュースが出ても、ご祝儀相場にならず、KOSPIは下落、それも2%強。間が悪い話だな、と思ったのですが。

ちょっと待て。
本当に先進国指数に入ることが、買い需要を生むのか?むしろ売りの方が多くならないか?とも危惧が沸いたのです。
 現在いるエマージング指数でならば、指数のインデックスファンドを買うと自動的に12%韓国株を買うことになる。一方、先進国指数に仲間入りすると、ファンド総額の2%くらいにしか相当しない。
もちろん先進国指数のほうが、大衆的に買われるから資金の流入も大きいだろうけれど

そこでふと浮かぶ言葉
鶏口となるも牛後となることなかれ

ソウルの指数を買うの、どうしようかな~
スポンサーサイト

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/578-90d1ecbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。