FC2ブログ
ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

凋落
僕はほとんどテレビを見ず、代わりにラジオばかり聞いている。
だから、ライブドアの元社長が普段TVでどんなことを言っていたかを知らない。
が、1年くらい前こんなことをラジオのゲストコーナーで言っていたのを、知っている。(放送日失念。TBSラジオの日曜のお昼、伊集院光がメインでやっていた番組でのこと)

「買収でもかけなければ、こんな小さな会社(ライブドアのこと)逆に買収されてしまいますよ。例えばフジテレビも我々の会社を買えば良かったんですよ、自前でネット事業を始める前に」

こういう生き急いでいる言葉を肉声で、リアルタイムに聞いたものだから、彼に対する僕の気持ちは複雑なんだ。弱みをも知っている弟を見るみたいで。

今マスコミで語られている部分、-カネを右から左に動かすだけで云々……、だけでは語りきれない複雑な心象風景を持った人なのだと、僕は感じている。

そして、彼の危惧の通り、「小さな会社」をフジサンケイグループが”支援する”(という名においてコントロール下に置く)準備もし始めた、今日そういうニュースも流れた。
スポンサーサイト




テーマ:23日ライブドア・堀江社長逮捕! - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

興味深い話ですね。
堀江容疑者が、自らを支えているはずのライブドアでさえも俯瞰して眺めていた、そんな印象を受けます。
そして、買収という経営手法しかしらない愚直さも。

結局、どこに向かおうとしていたんですかね、堀江貴文という男は。時価総額世界一なんて、虚像を目指したあたりは、ドン・キホーテとしかいえないのですが・・・。
【2006/01/29 21:37】 URL | 凡忘親父 #- [ 編集]

コメントありがとうございます
凡忘親父さん、
コメントありがとうございます。

彼の分かりにくい点は、
>自らを支えているはずのライブドアでさえも俯瞰して眺めていた
自分の事業へワリキリと、そのくせ、本当に売ろうとしない、自分の会社への執着とが混在しているところですね。
起業家さんの中には、ある程度会社運営が軌道に乗ってくると、さっさと事業を売ってしまう(または、経営権と他人に譲って、単なる大株主になる)人も多いのに。

時価総額のマジックには、世の会社全てが翻弄されてましたが、
みんな半信半疑でした。
その虚構(みんなの合意が得られていないという意味で)に足場を置いた……ならば、
逆に、常識と化すまで持久戦に持ち込む方が良いのに、
何を急いでいたのでしょうね……
【2006/02/01 01:03】 URL | デルタ #JnoDGgPo [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/58-7ead3863
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)