ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追っかけてどうする?
どぉも。
日本政府で内閣がどんだけ替わっても、相も変わらず中央州中央銀行で闇の総裁を務めています、デルタです。

はぁ、同じ「中央銀行」に属する身として、韓国銀行のこのレポートには、ご苦労をねぎらいたいところ。というのか、こんな分析を、中央銀行が行って発表するのって、……他にやってくれる機関がないのか?ともいぶかしんでいるのですが。
 急増続く対日赤字、部品素材中心に赤字体質定着(9月24日15時17分配信 YONHAP NEWS)
【ソウル24日聯合】年初から8月までの対日貿易赤字が232億ドルに達することがわかった。これは昨年の年間対日赤字(299億ドル)の77%に当たる。韓国銀行は24日、こうした内容をまとめた「対日貿易逆調固着化の原因と今後の政策課題」と題する報告書を発表した。
(中略)
 報告書は対日貿易赤字の原因について、韓国が短期間で高成長を追求する「圧縮成長」戦略を採っているため、独自の基幹技術を十分に蓄積できず部品素材産業がぜい弱だと分析した。

この指摘がなかなか鋭い。というのか、私には考えつかなかった。
経済成長至上主義、あの経済規模になって、年率4%のGDP増大でも、「低成長」といってしまう経済成長当たり前の世論(苦笑)が、”ムダな”先行投資を排除してしまっているのでしょう。

つまり、カネ儲けを狙いすぎ!なわけですな。


基礎研究が決して遅れているのではないですよ、
先頃、(漫画付エッセイのことで何度か取り上げている)延世大のPark HongLee教授の研究室のHPを覗いたけれど、半導体をナノ構造化させる基礎研究を進めていて、論文が1年で20本くらい出ているようなので。
……ただ、この種の研究(同じ研究、と言う意味ではなく、同じような基礎技術の研究)は、日本の大学だと、1つの学科にほとんど必ず1研究室はある、といっても過言でない。そんな、いわばバラマキで、1000に1つの大当たりを狙っている、というのが近いかな(苦笑)

ここまできたのだから、韓国産業は逆に最終製品+サービスの提供という産業を極めたほうがいいのでないかな、とも思う。日本と完全な棲み分けをしたほうが、ムダなエネルギー消耗にならずにすむ。
今から後追いをするのは、かえってあの国の築き上げつつある「味」を殺ぐことになる。
スポンサーサイト

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/586-2cc1e750
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。