ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火星に雪かぁ
NASAから大変興味深い発表があり、浮かれております。
「火星にも雪が降っている」
もっとも降ったといっていいのか、怪しいですけどね。
地表に降りつく前に昇華したようですから。
雨粒にならずに、昇華(蒸気に変る)というあたりも、大気の薄い火星らしい。

火星で降雪のような現象を確認
9月30日19時52分配信 ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト



雪の結晶が出来るには、
・水分を凝集させるための核
・水分を凝結させるような大気環境
 断熱膨張過程も必要な訳で、上空に向かうにつれ温度が低下する?
 大気の対流も必要です。

火星の大気……、普段薄すぎて考えないですが、そこにも地球にも比較しうる大気運動があることの証明でもあります。
水分子があることより、驚くべきことなのかも知れません。

……すいません、現実逃避ですね。
では今月末の日本中央州中央銀行闇の総裁の月例談話に移ります。
(次項)
スポンサーサイト

テーマ:天文学 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/591-b4d35def
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。