ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党、どっからこんな”大物”を(愕然)
このブログでは、特定の政党の応援や非難をしない、ひたすら政策を評論する、
というのがポリシーなのですが、今日は例外。

衆議院京都1区に民主党が立てようとしている候補の発表が最近あった。大学講師平智之サン
漢字で書かれているから、ピンとこなかったけれど、たいらともゆきの音でまさか、と思い、
検索を掛けると案の定、あの懐かしのラジオパーソナリティ ”平せんせい”だと判明。

KBS京都で22時頃からの夜ワイド(確か留学のアドバイスなんかもしてはった)のが、今から22~23年前
その後、ABCラジオの深夜枠で「ラジオパラダイス」を越前屋俵太サンとの名コンビでやってはった。(今から20年くらい前。曜日を忘れたな~)。
このあたりが、私がラジオをもっとも聞いていた時期だった……。

森のクマさんのメロディーに乗せて、”いつ、どこで、だれが、どうしたゲーム”をやって、
「ある~日、木の上で、大仏が、毛繕い~」とか作り、笑っていたような番組(だから毎週聞いていたのだが)だったが、
ときどき、マジな話題になったりもした。
なかでも忘れられないことがある。材料力学の法則と社会情勢に見られる傾向とに類似性がある※、と熱弁しはって、俵太サンがツッコミの入れあぐねてはる、なんて一コマがあったりしたのを懐かしく思い出す。
(※内部で不連続点が出来るほど、表面の剛性が増す材料力学的な法則と、内部対立が激しい社会ほど、対外的に強硬化する傾向とが似ている、とかそんな説だった記憶がある。さすがに20年も前で、しかもメモなんぞ録っていないので、うろ覚えです)

基本的に理系の人なので、政治の切り口をかなり変えてくれる人でないかな、と密かな期待を持ちます。
平さんって、学生時代は材料工学を専攻していたのだとか、その意味でも固体物理をやっていた私には親近感がある

そして、その平サンのBLOGをFC2内に見つけたのだけど、まだ記事書き込みがない。トラックバックが送れないのが残念です。
スポンサーサイト

テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント
愕然の意味?
愕然とは非常に驚くことですが『宝くじを買ったら3億円当たって愕然とした』なんていうような使い方はせず『子供が犯人だったの愕然とした』の様に驚くと共にガックリする(残念に思う)時に使います。
愕然の表現はピッタリですね。
京都の事情を知らない人には『愕然』の意味が判らないでしょう。
特に京都一区の特殊事情が解らないと愕然とはしないはずです。
つい最近京都一区で、地方議員選挙ですが定員一の補欠選挙で共産党候補が自民党候補に大差で当選する。一年前の京都市長選でも共産党候補が自公民民社オール与党候補に900票差までつめより惜蒔している。
総選挙で共産党が当選して自民党候補を落とせる最有力候補が京都一区。
民主党が有力候補を立てれば反自民票が分散し自民党が勝つ確率が俄然高くなった。
何ともはや・・・実に腹立たしい。
京都は自民党だけではなく民主系社民系も完全与党で野党は共産党以外に存在し無い異常事態が何十年も続いている。しかも改善する見込みが無い。
理由は関が原から東の人は余り知らないでしょうが同和問題の利権がらみが大きい。
共産党VS其の他のオール与党+部落解放同盟でこの地方の全ての政治が行われたいる不思議な構図になったいる。
【2008/10/05 09:32】 URL | 逝きし世の面影 #ca/M/iMQ [ 編集]

選挙で勝つことを目的にしてはいけませんって。
この先、各立候補予定者が政見を明かにする過程で、
すりあわせできるならば、共闘してどちらかが降りればいいのですし、
できないならば、自分の主張と支持者を信じて起つ、
そうでないと、政治がそれこそ野合に成ってしまいます。
私の両親が京都市内の出身ですし、京都市内の政治風土はある程度わかっています。
現解放同盟にも言い分があるのも知っています(私自身、被差別部落内の新興住宅地という非常にデリケートな場所の生まれで、そもそも、解放同盟内での路線対立が根っこにあったことを知っています。……私もその傷跡が生々しかったころの小学校の出身なのです)

何に合意できうるのか、どの点で共闘しうるのか、
それを明かにしないままに、降りろといっても、降りる程度の覚悟で立候補表明する人もいないでしょうし(苦笑)
また、平氏の知名度を舐めないほうがいいとも思います。30歳代後半から40歳代前半を取り出して調べたならば、この選挙区の主要3候補は横一線だと思います。
私のようなラジオをヘビーリスナーにとっては、彼は単なるタレントでなく、まさに「留学のやりかた」などをラジオ越しに教えてくれる「先生」だったのですから。
【2008/10/08 00:19】 URL | デルタ #JnoDGgPo [ 編集]

選挙は当選する事が目的
これまで共産党は勝つ事を目的にしないで前区に立候補していたので何億円と言う供託金没収されていた。
『選挙で勝つことを目的』にしていなかった共産党でも今回の衆議院選挙では候補者を絞り込むそうですよ。
40年前に解放同盟内での路線対立(朝田理論)で共産党系と社会党系に分裂。これが結果的に政党間での社共共闘が潰れる原因ともなっています。
都の蜷川、大阪の黒田革新府政が、社会党が自ら支持したにも係わらず非民主的な朝田理論(窓口一本化)に賛成しないというただ其の一点で賛成から反対に180度態度を翻す。
社会党が裏切っても京都や大阪では其れまでの革新勢力の遺産で共産党一党でも辛うじて一期は革新府政を維持したが後は自民党に取って代わられ以後は長年保守の天下が続いている。
選挙は『勝つことを目的』で、政党は政権をとるのが目的です。
【2008/10/08 11:52】 URL | 逝きし世の面影 #bYNys3XA [ 編集]

To 逝きし世の面影さん
選挙は勝つために……との理屈は私も反論しません。

だからこそ、当事者どうしで、きっちりした政策協定を結ばねばならないでしょう。だんだん「組織」は弱体化していっております。政策をアイマイにしての「どっちが立候補する」争いでは、組織構成員サンたちの大量造反を生むだけだろうと思います。
【2008/10/16 22:22】 URL | デルタ #JnoDGgPo [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/594-e42d2a4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。