ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Joke
Yahoo!ニュースを見ていたら面白いユーザーコメントがあった。
アメリカの金融界で流行っているJokeを伝えるニュースなのだが、
それに対するコメントに、「なにが面白いのだかよくわからない」との趣旨のものが延々と続いている。そんな中で、興味深い指摘があった。

 -Jokeとは、人を笑わすものとは限らないのですよ。

なるほど、言われてみればその通りなのかも。
本来、冗談というのは、おどけ話だけを指す言葉でなかった。「戯れ言」「悪態」「単に冗漫な話(ナンセンス)」そういうものも含んで、冗談といっていた。
そこには必ずしも笑いは必要でない。
気分を変えるだけで、実は十分役割を果たしているのだろう。
スポンサーサイト

テーマ:生活の中で - ジャンル:ライフ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/604-11869e10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。