ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大津だ、と言っておろうが!
日本まんなか共和国 勝手に観光大使として、厳重に抗議したい。

下にあるのは、JR東海の観光キャンペーン、「そうだ京都、行こう」シリーズのポスターの一つ(今年夏のもの。私の住んでいる町の駅にまだ貼ってあった)。
本当は著作権とかの問題とかがあるだろうが、これには、JR東海の「偽り」を暴くための証拠物件と考えて欲しい。(と、何を高揚しているのだか>自分)

延暦寺は大津にある(怒)

この石段の下にあるのは、延暦寺の根本中堂。つまり、延暦寺だけをターゲットにした、観光誘致のポスターだ。JR東海が、天台宗の宣伝をしてくれているのには、感謝したい。
が、これをもって「京都」の観光キャンペーンに使うとは、なんたることか!

比叡山という山の東側つまり滋賀県側に、延暦寺の数十ともいうお堂の全てが存在する(例外は、瑠璃堂だけ。このお堂が現存の建物で一番古く、けっこういい味を出している。知られていないのがもったいないのだけど)。

延暦寺は、徹頭徹尾大津市にあるものだ、との事実をここに明示しておく。


にもかかわらず、JR東海は京都の観光キャンペーンに大津の文化財を平然と使っている。
この状況に皆さん覚えがないだろうか?
……びわこ栗東駅のネガティブキャンペーン「滋賀県民は京都駅を使えばいい」と同じ構造だ、とお分かりになると思う。
JR東海は、京都の(古い考え方と既得権益を持つ)観光業者の言いなりになって、滋賀県湖南地方を「京都の影響下」と言いくるめ、湖南地方が京都から分離しようとするのを妨害しようとカクサクしているのだ。
なぜ、既得権益といえるかって?
皆まで言わせますか(爆)

ひとつだけいわせて頂きましょう

「滋賀県にある文化財であるはずの、石山寺や浮御堂、延暦寺への定期観光バスが、なぜ京都定期観光バスの運営で運行され、京都駅発着になっているのですか?」
本質の一つが見えたでしょう?
(例えば、今年秋の期間限定コース17コースのうち、2コースが大津市のものだ)
(ご参考:京都定期観光バスHP)
http://www.kyototeikikanko.gr.jp/

※URLの末尾にご注目、gr;つまり公的機関(京都市交通局)が主導しているのです。だから余計植民地主義的と感じるんですよ、もと地元民としては。おまけに大津市(あるいは滋賀県)の観光協会へのリンクも張っていないし……意図的としか思えないのですが。

少なくとも、他の県ではこんな異常なことが起きませんよね?例えば、下関の定期観光バスが小倉発着になっている、なんていうような……。
スポンサーサイト

テーマ:関西地域情報(大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山) - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント
もうあほらしくて
このJR東海による「京都へ行こう」キャンペーンで、
ついに、滋賀県長浜市の寺院「大通寺」が紹介されました
(今発売になっている週刊朝日のグラビアページをご覧下さい)

京都から80kmくらい離れた、
しかも新幹線の隣駅にあたる米原を通り過ぎた先にある、あの長浜市のお寺です。
それを、「長浜市」という名前すら伏せて、紹介しています。

もうあほらしくて、何もいう気になれません
【2009/05/12 04:56】 URL | デルタ #JnoDGgPo [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/607-62c56531
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。