ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

止めた!本当に(bjリーグ 滋賀-琉球戦 観戦記)
10月の開幕戦に続いて、bjリーグの滋賀レイクスターズの観戦に行ってきた。
レイクスターズもここ4試合くらいはずいぶん安定したプレーができている様子だったので、強いて応援に行く必要も感じなかったのだけど、さすがにこの週末は放っておけなかった。
相手が相手、8連勝中の琉球との対戦なのだ。(滋賀は3勝5敗)。

しかも土曜日の対戦で琉球が勝ち、9連勝になったという。
一体どのように強いのか、ということも、週末文筆業者としても興味が沸く。
というわけでやってきたのが、野洲市総合体育館。
…と名前は町のまんなかにあるような感じだが、実際にはJRの野洲駅から2kmくらい離れた田んぼの中にある。刈り取りも済んで一面荒野と化した中、1800人の観衆に見守られ、運命の決戦が始まった。
といきたいところだが、自宅からここに着くまでに2時間強。しかも最後にゃ30分以上歩いたので、お腹が減ってしまった。まして、この荒野の中。のどかな気分で、受付前の屋台に立ち寄り腹ごしらえ(広島焼500円也)

しきりなおして、観戦レポートに移ろう。
   滋賀 - 琉球
1Q  14    33
2Q  20     3
3Q  20    12
4Q  27    27
計  81     75

1Q 序盤から琉球がボールを完全に支配し続ける。ガードの選手が右サイドに切り込んで、しばらくにらみ合い、数呼吸のうちにセンターへボールを出す。そのパスを受けた選手が、取ったそのままの姿勢でリングへ放り込む。速いというより鋭い攻めで、パスが通った瞬間に、「あ、防ぎようない」とわかってしまう鮮やかな攻め手。
5分経過時点で、2-23というとんでもない大差がついてしまった。
ここで滋賀側がベンチワークで打開し始める。ゲームメイキングしてきた主将藤原サンを1度下げて大ベテランの石橋サンに切り替える。この2人の、動と静の対称が私には面白かった。石橋サンの組立てで明かにゲームのスピードが落ちた。言い換えれば、琉球の猛攻もペースダウンするわけで、ジワジワと追い上げムードになってくる。
さらに、今まで出場機会のなかった左官サン(通称マイク;地元出身なこともあって人気あり)が入り、激しく動いて陽動作戦……。この仕掛けの成果やいかに?

2Q 滋賀がさらに仕掛ける。後衛に大型選手(佐藤サン)を投入し、リング下での競り合いを支配しようと試みる。そして、パス出ししようとする選手へも、かなり間合いを詰めた競り合いをはじめた。これが圧力になったのだろう、琉球はチャンスらしいチャンスを作れなくなった。一方滋賀は、派手さはないが、淡々とシュート機会をものにしていく。気付くと、1Qとは優勢劣勢が完全に逆転していた。

3Q 序盤3分で琉球が3シュート。2Qに戸惑っていた滋賀の圧迫的なディフェンスに、琉球も対応できたかに見えた。しかし、滋賀が3点シュートを連発しポイント的にも逆転(このクォータだけで5本の3点シュート)。点差が広がるにつれ、滋賀側に気持ちの余裕もでてきたのか、ディフェンスがさらにねちっこくなる。象徴的なことに、3点シュートライン付近でパス出ししようとする選手が阻まれ、10秒ほど粘らされたあげくに24秒ルールにひっかかるという珍しい反則さえ出た。

4Q 点差が5点、一気には詰まらないとの判断からだろう、琉球が3点シュート狙いに徹しはじめた。しかもその精度の高いこと!そのせいもあって、攻守が激しく入れ替わり、一進一退の展開。終盤残り2分くらいから、滋賀が逆に突き放しにかかり、激しく敵陣へ迫るようになった。琉球が防ぎきれず、反則でなんとか逃れる。……ここで、初戦から課題になっていたフリースロー(苦笑)。しかし、固唾を飲む観衆を横目に計10本連続で成功させた!地道に積み重ねたこのポイントも効いて、このクォータも5分の展開で終わった。

というわけで、なんと、滋賀の勝利(これで通算4勝6敗)。本当に連勝・琉球を止めました。
選手のみなさん自身が相当感激されている様子。またHCも興奮気味で、インタビューでも大声でまくし立ててました。

試合後、滋賀の選手がコートを2周、観衆とハイタッチして回ってもらえた。
私も小川サンとタッチできたうえ、ちょっと離れた高い位置で1人拍手していたら、ワラさん(藤原サン)が気付いて手を振ってくれました
(こんなことで喜べるなんて、ミーハーやな-笑)
スポンサーサイト

テーマ:bjリーグ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

最高の試合でしたね☆
レイクスは強い!!
今日も新潟戦に勝ち、明日も連勝ですね!
次は守山市民体育館で会えそうです^^
【2008/11/23 01:18】 URL | しょうこやん #- [ 編集]

チームカラー確立
しょうこやん様
ご来訪ありがとうございます。
この週末は、新潟戦は安心しきって旅行に出ていました。
ま、大崩はないだろうな、と思いまして(苦笑)

旅先(豊岡)の宿で、TVで結果だけを確かめました、

滋賀が三連勝です、とのアナウンサーの声とともに、
「滋賀71-69新潟」
と出た瞬間には、呆けてしまいました。
71得点で勝つなんて、
それだけがっちり守れているのだな、としばらくしてから納得。
チームカラーが確立できてきたということなのでしょうね。
【2008/11/25 22:54】 URL | デルタ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/618-b33884b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。