ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年私の心に引っかかったもの
 年末なので、2008年私の心にビビビっときた出来事を列挙してみます。
 (ヒット商品?)
 ・液晶を使ったフォトスタンド
 ・NHKの英語教育番組「リトルチャロ」シリーズ
     ……ひさびさNHKから愛らしいキャラクターが出てきたような
 ・滋賀レイクスターズ
     ……商品か?といわれると、違うような気がしますが、私としては信じがたい「新発売」でした

 (本)
 「寺社勢力の中世」:この本は前にも書きましたね。いい意味で日本史マニア界の転機になると思います。

 (映画)
 3本しか見なかったけれど、「光州5・18」の衝撃は比類なし。

 (ひとの消息)
 ・井上玲奈サン・ボルドウィンさんの結婚

 (象徴的なひとたち)
 ・麻生内閣
   ……何をやっても”膠着”してしまう。「決まらない日本」の象徴です(爆)。ただ、私は、「決まらない」こと自体は、いいことだと思ってます。
いままでの即断即決の方が、軽い(軽率)と思うのですよ。「みんなの合意を作っていく」ことにもっと重みを感じて欲しいな、というのが、私の「世論」に対する思いです。

こうして振り返ると、こじんまりしたこと(地域的、ひとりで楽しめるもの、ささやかな幸せ)控えめなことに、私の目がいっていたことに気づきます。

これは、私だけのことなのか、世の中の流れなのか、
来年観察を続けることで、ハッキリしてくるのかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ:政治・時事問題 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/637-8ef406b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。